MEGURIYA information

【スペシャルイベント】

1/28,29,30 「日本の青空」上映会

2/4(土) 味噌作りクラス

2/24〜26(金〜日) うさとの服展

※5/4〜5/6 共感的コミュニケーション合宿

※7/15〜17 磯貝先生の半断食合宿

 

【各種クラス 2017年春夏講座】 募集開始
リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス
・リマ・クッキングスクール東三河校 中級クラス←準備中
・リマ・クッキングスクール東三河校 上級クラス←準備中

・雑穀料理教室←準備中
ベジスイーツクラス ファーストクラス
ベジスイーツクラス セカンドクラス
・暮らしの教室←準備中

【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

 

2016年10月〜2017年3月のスケジュール

2017年4月〜2017年9月のスケジュール

連絡先、地図、アクセス

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei


MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2017.01.20 Friday  
お知らせ | - | -  

2017年4月〜2017年9月のスケジュール

2017年4月〜2017年9月のスケジュール 一覧表です

随時更新していきます

↑クリックすると大きくなります

2017.01.20 Friday  
- | comments(0) | -  

ベジスイーツ セカンドクラス

【ベジスイーツ セカンドクラス 】

 

セカンドクラスはベジスイーツ作りの応用編。
ファーストクラスで行ったスイーツの作り方(ワザ、コツ、考え方)を基本に、組み合わせを工夫したり、フレーバーを変えたりして、様々なスイーツを作ります。

 

各回数種類のお菓子を作ります。
・洋スイーツ
・和スイーツ
・簡単おやつ…

 

手間をかけたスイーツは見た目も華やか。作るのも食べるもの特別感があり、喜びがあります。贈り物としても、喜んでいただけるスイーツ。
また和スイーツやパパッと作れる簡単おやつもレッスンします。
出来上がったスイーツは綺麗に盛り付け、楽しくいただきます。

 

ちょっと特別な美味しいスイーツを作ってみたい方対象のクラスです。


++++++++++++++


日 時

◇日曜クラス 15:00〜18:00

 2/12、3/12、4/23、5/21、6/18、7/9、8/20、9/10

◇水曜クラス 10:00〜13:00

 2/15、3/15、4/26、5/24、6/21、7/12、8/23、9/13

 

対 象

ファーストクラス受講済みの方、受講中の方

 

受講料

1回  ¥3,800-(材料費等諸経費込み)

3回券 ¥10,800-(¥3,600/回 有効2年間)

6回券 ¥20,000-(¥3,333/回 有効2年間)
 

持ち物

エプロン、三角巾、お持ち帰り容器、タオル、筆記用具
 

講 師

加藤万晴
 

申込先

会 場:MEGURIYA

電 話:0531ー45ー3069
E-mail:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

※お子様は預けて、ご本人様のみの受講をお願いしています。
 

++++++++++++++

 

洋スイーツのご紹介

++++++++++++++

 

※参加された方のご感想
 

田中万乃さん.jpg
 


 

2017.01.20 Friday  
スイーツクラス | comments(0) | -  

リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス 春夏講座

【マクロビオティック料理教室 初級クラス】

 

マクロビオティックは自然な食事とライフスタイルを実践して、体も心も若々しく、楽しく清々しく生きるための方法です。
「日本の伝統食をベースとして、穀物や野菜 海藻などの植物性食材を中心とした、その土地でとれた旬のものを、陰陽のバランスをとりながら、体調に合わせて食べる」という考え方が基本になっています。

初級コースは、基本をしっかり学びたい方のための基礎講座です。 
マクロビオティックの基本的な考え方や料理法、陰陽に基づいた野菜の切り方、火の通し方、 主食・副食のバランスや四季折々の調理法などを身につけます。
基本を知ることで、毎日バランスのとれた食事を美味しく作れるようになります。
マクロビオティックを生活に取り入れたい方に。

日本で最も歴史のあるリマ・クッキングスクールの姉妹校として、東京本校のカリキュラムに沿って学べます。
修了証も取得できます。

 

進級について

ご希望の方は、中級コース、上級コースに進級いただけます。

また、さらに上位講座(東京本校開催)の

に進級することができます。

 

初級クラス日程

2017年4月より 隔週 全12回
・日曜クラス  10:00〜14:00
 4/16 , 4/30 , 5/14 , 5/28 , 6/11 , 6/25
 7/2 , 7/23 ,  8/6 , 8/27 ,  9/3, 9/17
・火曜クラス  10:00〜14:00
 4/18 , 5/2 , 5/16 , 5/30 , 6/13 , 6/27
 7/4 , 7/25 ,  8/8 , 8/29 ,  9/5, 9/19

※全回出席し試作会(会場名古屋)に参加されると修了証が取得できます

 試作会日程:9/23(土)

 

初級クラス代金
受講料 ¥50,000-(全12回 テキスト、材料費、消費税含む)
入校料 ¥10,000-(日本CI協会年会費含む)
合 計 ¥60,000-

 

持ち物

エブロン、三角巾、タオル、筆記用具、持ち帰り容器
 

講師

加藤由希子:リマクッキングスクール講師


申込先 会場

住 所:441-3503愛知県田原市若見町権亟地80番地

電話&FAX:0531-45-3069

E-mail:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

※下記申し込みフォームに記入し、メールまたはFAXにてお申込ください。


申し込みフォーム

+++++++++++

お名前:

ふりがな:

住所:〒

電話番号:

FAX番号:

携帯電話:

E-mail:

受講講座のクラス名:

ご希望の曜日:

++++++++++++

※緊急連絡先として、携帯電話の番号は極力お知らせ願います。

※ご提出いただきましたら入金手続きの案内を送ります。

 ご入金の確認ができた段階で受付完了となります。

 

※お子様は預けて、お母様のみの受講をお願いしています。
 


調理実習(予定)

第1回 4/16 4/18

玄米ごはん(土鍋炊き) 味噌汁2 大豆ミートの唐揚 フルーツかん

マクロビオティックとは 玄米の選別・洗い方・炊き方 包丁の使い方
 

第2回 4/30 5/2

玄米ごはん(圧力炊き) 味噌汁1 ごぼうの丸煮 小松菜のおひたし

無双原理12の定理について 陰陽について7つの法則 だしのとり方 野菜の洗い方
 

第3回 5/14 5/16
土鍋玄米ご飯 すまし汁 ねぎ味噌 厚揚げと野菜の炒め レーズンクッキー

主食と副食の割合 食事の仕方 野菜の陰陽

 

第4回 5/28 5/30

玉ねぎ丼 葛仕立ての清まし汁 ひじきれんこん かりんとう

食物の陰陽 陰陽表の見方 切り方の陰陽
 

第5回 6/11 6/13

玄米粥 胡麻無双 切り干し大根の煮付け 三色団子

調理法の陰陽 塩について 中庸の味を感じてみよう


第6回 6/25 6/27

玄米ご飯いろいろ 野菜スープ 時雨味噌 ベジハンバーグ温野菜添え

陰陽比較3つの約束 野菜に火を入れる順序 味噌、醤油について
 

第7回 7/2 7/4

あずき入り玄米ごはん けんちん汁 車麩の揚げ煮 葛餅 寒漬大根

身土不二の考え方
 

第8回 7/23 7/25

土鍋で炊く3分づき米 味噌汁4 青菜の胡麻和え 根菜の旨煮 昆布の佃煮

一物全体の考え方 玄米の栄養
 

第9回 8/6 8/8
おめでとう 胡麻塩 きんぴら ショソン

陰性が生み出す性質 陽性が生み出す性質 人の心と陰陽
 

第10回 8/27 8/29
いなり寿司 即席すまし汁 コーフーの作り方&コーフーボール 大根のマリネ

拡散力と凝集力が作る形
 

第11回 9/3 9/5

パンオサワ かぼちゃのポタージュ 雑穀のコロッケ 穀物コーヒーゼリー

健康の七大条件
 

第12回 9/17 9/19

細のり巻き 風呂ふき大根汁仕立て 野菜のかき揚げ大根おろし添え おまんじゅう

まとめ
 

※参加された方の感想

  • 包丁の持ち方、野菜の切り方、洗い方から学べました。
  • 初めは「マクロビオティックは難しい!」 という先入観がありましたが、今は、今までの料理よりシンプルで身にしみる美味しいものだなと実感しています。
  • 素材の甘みを生かした料理は想像以上に美味しく、子供達が喜んで食べてくれるのも嬉しいです。
  • 料理教室に来て、気の合う人たちと一緒に作り、いろんな話をするのがすごく楽しかったです。
  • 食事を変えて、体重が半年で5kg落ちました。お料理が楽しく思え、洗い物や掃除も嫌でなくなり、心も変化しました。
  • 便秘がちだったのがすっかり良くなり、朝が苦手だった私も、今では朝から元気です。
  • 妊娠期間にMEGURIYAに通い、おかげさまで超安産(笑)。食べるものや人に感謝する気持ちが、自然と湧いてくるようになりました。
  • 初めはマクロビオティックを自己流で実践して、アトピーが格段に良くなりましたが、お料理の味は何かが物足りなかった… 今は自分の作った料理を美味しいと思えることがとても嬉しいです。
2017.01.20 Friday  
マクロビ料理教室 | comments(0) | -  

ベジスイーツ ファーストクラス 2017年4月開講

【ベジスイーツ ファーストクラス】

 

このクラスでは乳製品(バターや生クリーム)、卵、白砂糖を使いません。
植物性の食材と体に優しい甘味料で作るスイーツはとても簡単。
材料さえあれば、あっという間に出来、後片付けもさっと洗い流すだけ、らくちんです。

 

そして、出来上がったスイーツは体と心に優しく、美味しい。
食べた満足感もしっかりあります。

 

 パウンドケーキ、スポンジケーキ、プリン、
 クッキー、マフィン、タルト…

 

このクラスでは様々なスイーツの基本ワザ、コツ、考え方をていねいにお伝えします。

基本のファーストクラスと応用のセカンドクラスがあります。

 

+++++++++++++++++
 

日 程:2017年4月より 月一回 全6回

・日曜クラス  15:00〜18:00
 4/16 , 5/14 , 6/11 , 7/2 , 8/6 , 9/3

・水曜クラス  10:00〜13:00
 4/19 , 5/17 , 6/14 , 7/5 , 8/9 , 9/6

 ※途中から(2回めから等)でも受講可能です

 ※セカンドクラスと同時受講可能です

 ※欠席の場合、振り替え受講出来ます

 ※2期有効(今期と来期まで)


内 容:  実習       おやつ      講義

 第1回 パウンドケーキ  りんご葛餅    素材の説明、お砂糖について

 第2回 スポンジケーキ  もちもちロール  砂糖の身体への影響

 第3回 プリンいろいろ  もちきびかぼちゃ 甘味料の種類

 第4回 マフィン     小豆のおやつ   子供のおやつについて

 第5回 クッキー     甘酒蒸しパン   粉食について・他

 第6回 タルト      試作会      まとめ


参加費:全6回 ¥20,000-(材料費等全て含む)


持ち物:三角巾、タオル、エプロン、筆記用具、持ち帰り容器


講 師:加藤万晴

 

申込先 会場

住 所:441-3503愛知県田原市若見町権亟地80番地

電話&FAX:0531-45-3069

E-mail:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

※下記申し込みフォームに記入し、メールまたはFAXにてお申込ください。


申し込みフォーム

 +++++++++++

  お名前:

  ふりがな:

  住所:〒

  電話番号:

  携帯電話:

  E-mail:

  受講講座のクラス名:

  ご希望の曜日:

 ++++++++++++

 ※緊急連絡先として、携帯電話の番号は極力お知らせ願います。

 ※お申し込みいただきましたら入金手続きの案内を送ります。

  ご入金の確認ができた段階で受付完了となります。
 

※お子様は預けて、ご本人様のみの受講をお願いしています。


+++++++++++++++++
 

IMG_2277.JPG
 

IMG_2409.JPG
 

IMG_2496.JPG

 

 

 


 

※参加された方のご感想

  • お菓子作りの概念が変わりました。当たり前のようにバターや生クリームを使わないとお菓子(特に洋菓子)作りは不可能と思っていたので、作って食べてしかも美味しい! 驚きの連続でした。
  • 卵、乳製品、白砂糖を使わずにお菓子が作れるのか初めは??? でしたが、1回目の授業で本当に美味しく作れて感激してしまいました。
  • どれもとてもカンタンで、バターなど使わないので洗い物がラクです。
  • 他のスイーツクラスとは全く違います。砂糖の害を知りつつ、体に優しいスイーツを食べることができる素敵な教室です。
  • 習ったスイーツを自分で作るようになり、市販のスイーツが欲しくならなくなりました。
  • 甘いものが大好きでしたが、講義を受けてから量はだいぶ減りました。
  • 材料の混ぜ具合や上手に作るコツなどが非常にわかりやすいので、スイーツ本を見て作るよりはるかに勉強になりました。
2017.01.20 Friday  
スイーツクラス | comments(0) | -  

砂糖の話その他〜もち米、和三盆、黒糖、上白糖、糖蜜、はちみつ〜

先日書いた「甜菜糖と三温糖について」が、結構読まれています

 

三温糖がヘルシーじゃないこと知っている人は結構いると思いますが…

甜菜糖は知らなかった、という人がほとんどだったんじゃないかと思います

製造方法までは、知る機会まずないですよね

 

冨永理事長「メーカーに突っ込んで聞いたら、しぶしぶ漏らした」とおっしゃってました

「この話は、あんまり外で話してほしくないんじゃないかなぁ

 まあ、話しちゃうけど ニヤリ」

って言ってましたよ笑

 

ーーー

 

マクロビオティックで甜菜糖を勧めている、って言われてます

でも、これ、正確じゃないです

 

実際、クシ系マクロでは白砂糖の代わりとして甜菜糖を紹介はしています

(久司道夫や奥津典子の本で確認した)

でも、それを勧めている、ということではなく、

 白砂糖から離れる際の移行期に使う

 たまにのお楽しみに使う

という扱いでした

甜菜糖ならOKです、とは言ってません

 甜菜糖ってあるよ

 でも、たまににしましょうね

 いらないようになっていきましょうね

って感じで書いてありました

 

僕らがお伝えしているリマでは、甜菜糖を勧めてはいません

甜菜糖、実際教本では使わないし…(メープルシロップも使いません)

甘味として米飴、甘酒、100%果汁ジュース、ドライフルーツ、甘い野菜

が出てきます

 

クシとリマ、共通なのは

「甜菜糖やメープルはできるだけ控えめに

 使わないですんだら良いね」というスタンスです
 

さて

冨永理事長の話、他にもありましたので、まとめてシェアしますね

だいぶマニアックです笑

 

ーーー

 

「もち米について」

米のでんぷんにはアミロペクチンとアミロースがある

アミロペクチンはもちもち アミロースはパラパラ

 

もち米はアミロペクチン100% だからモチモチする

アミロペクチンの分子構造は枝分かれ状

アミロペクチンはアミロースに比べ消化されやすく、血糖値が上がりやすい

だから毎日食べるようなものではない

昔は、もちは節句のときぐらいしか食べなかった

 

 

「和三盆」

さとうきびの在来種に「竹蔗 ちくしょ」というのがある

これから作ったのが和三盆

本物の和三盆で作ったあんこやきな粉は上品で、めちゃくちゃ美味しい!

竹蔗、今は四国にちょっとあるだけになっちゃった

 

竹蔗100%で和三盆を作るとめちゃくちゃ高価になっちゃうので、自然の味のものは普通のさとうきびも使っている

世間で売っている和三盆は、まず竹蔗を使ってないし、グラニュー糖とか入っているものがほとんどです

 

「糖蜜」

砂糖の製造過程で発生する糖蜜

コールタールのような真っ黒の物質

昔は廃棄物扱いだった

 

近年では、この糖蜜からアルコールが作られる

できたアルコールは防腐剤(酒精)など、様々なものに使われる

 

そして、糖蜜の使い道その2

あの「白い粉」

(商品名は出しちゃいけないんだよね、と白い粉と呼ぶ理事長 笑)

昭和30年代ごろから各家庭にあって、みんな何かしらにふりかけたアレです

「この粉をかけると、頭が良くなる」って宣伝してね

あの白い粉ででっかくなった会社、あるでしょニヤリ

 

昭和50年代に入ると、頭良くならないってばれちゃったから、

鰹節とかを作る際に出るカツオの煮汁(これも捨てていたもの)に白い粉加えて

「ほんだし」って売ったりして…

 

もともと捨ててたものを商品にしたから、すっごい儲かったんだよねぇ

 

「黒糖」

黒糖はさとうきびの絞り汁を煮詰めて作ったもの

今はこれに、糖蜜(製造過程で除いたもの)を加えて売っていることがほとんど

糖蜜が加えられた黒糖は「加工黒糖」と表示があるので、判断できる

こんな感じ

純粋な黒糖は、そんなに黒くない

 

「上白糖」

世界ではグラニュー糖がスタンダード、日本だけが上白糖を使用している

上白糖はグラニュー糖にビスコ(転化糖)を加えたもの

ビスコを加えると、しっとりした仕上がりになる

 

グラニュー糖の水分量は0.02%

上白糖の水分量は2%

水分を多く含ませることができれば… 原価が下がる!

毎日大量に製造しているメーカーにとっては、2グラムの違いはとても大きい

 

上白糖が作られる理由は、メーカの利益のためであって、消費者のためではない

日本という国は、こういうことがとても多い

 

「はちみつ」

日本ミツバチと西洋ミツバチのものがある

日本ミツバチのものは、とても美味しい!

でも、とても高価なもの

 

西洋ミツバチのものは国産と外国産がある

外国産のものは輸入する際に加熱してあるので、味が落ちる

価格は外国産は国産に比べて1/3程度

 

何年か前に、アカシアの蜂蜜で本当に国産のものかどうか調べたことがあった

「国産はちみつ」として売っていた16社のうち12社は外国産もしくは外国産が混ざっている、という結果が出た

業界騒然! 大問題に…

12社のうち3社だけ、不正表示していたことを正直に発表した

その3社は潰れてしまい、何も言わなかった残りの会社は今も素知らぬ顔で営業している

日本という国は、そういう国

 

ーーー

以上でレポート終了です

濃い2時間、最高に面白かったです笑

 

米に関して補足

こしひかりのでんぷんはアミロースが15%、アミロペクチンが85%ぐらい

ミルキークイーンとかのモチモチ系になるとアミロースが10%、アミロペクチンが90%ぐらい

アミロースが多い米を「高アミロース米」っていうらしいですが、代表はササニシキ

アミロースが20%、アミロペクチンが80%ぐらいだそうです


高アミロース米はパサパサしてて美味しくない、と思われがちですが、健康面では有利

もともと米の原種はアミロースが多かったようで、今のようなモチモチは品種改良の結果

品種改良が進めば進むほど、たんぱく質等も変質しやすく、アレルゲンにもなりやすいのだとか

 

療養中の方とか体質改善したい方とかは、高アミロース米で原種に近い米を選んだ方が、より効果が上がるかもしれません

ササニシキは高アミロース米で原種に近く、また、味も良く、手に入りやすいのでオススメです

 

ーーー

 

「甘み」に対して、私たちは美味しいと感じるし、幸福感を感じるし、快楽を感じます

なので、甘みをゼロにする、とか難しいし、現実的ではない気がします

ただ、強い甘みは中毒になりやすく、体を壊し、心を弱くするので注意が必要

 

基本となる甘みは、複合炭水化物(全粒穀物、野菜、いもなど)の穏やかな甘味

穏やかな甘味の美味しさに気づくと、強い甘味が必要なくなってきます

 

糖質を処理できる能力は、個々人で違います

暮らしの中で、お付き合い等で甘いものが出てきやすい、ということもある

どうバランスをとるか、ということを、それぞれの人が、それぞれの暮らしと体質に合わせて調整していけると良いですね

 

ーーー

 

1/28,29,30 「日本の青空」上映会

2/4(土) 味噌作りクラス

2/24〜26(金〜日) うさとの服展

※5/4〜5/6 共感的コミュニケーション合宿

※7/15〜17  磯貝先生の半断食合宿

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

2017.01.19 Thursday  
食のこと | comments(0) | -  

大豆&甜菜糖と三温糖

先日、常春の田原で雪が降りました!

 

 

豊橋ではそうでもなかったみたいですが、この辺はかなり降りましたよ

僕がこちらに越してきてから一番じゃないかなぁ

 

 

あまりの雪に、日曜日はレッスンを中止しました

 

雪が降ると関東出身の僕はなんとなくワクワクします

北陸出身の由希子はなんだか落ち着くんだとか

 

ーーー

 

先日から始めたストレッチ

続いてますよ笑

 

毎晩風呂上がりに20分ぐらいやるのですが、眠りが深くなりました

睡眠の質が上がり、短時間になり、そしてすっきり起きられるので、寝る前に20分使っても全然惜しくない

 

イメージだと動きが鈍くなってきたビスに油をさす感じ

完全に錆び付いて固着しちゃうと動かなくなっちゃいます

固まる前に、動くうちに、ちょちょっとメンテナンス

 

ーーー

 

大豆を勧めるような記事を書きましたが…

大豆は、体の負担になる要素もある食材

マクロビオティックでは煮豆としてガンガン食べる、ということはしません

 

大豆は発酵させたものが、体に馴染みやすくなります

発酵した大豆加工食品というと味噌、納豆、テンペ

 

発酵していない豆乳や豆腐は、常食すると体に負担がかかってくると言われています

豆腐や豆乳を毎日食べるのは、ちょっと考えもの

 

油揚げ、厚揚げはきちんとした油を使ったものを選び、かつ油抜きをしていただきます

油の質と処理に気を配った方が美味しいし、体にも馴染みます

 

良いと言われている食材でも、

食べたいのか…

美味しく感じるのか…

自分に合うのか…

 

この辺りの感覚も大事にしたいと思います

我が家では

味噌は常食、納豆はちょいちょい、豆腐&豆乳は食べない、厚揚げ&油揚げはたまに

です

 

あと、「マイクロダイオード」って書いたのですが、これ訂正

「マイクロバイオーム」だそうです(汗

腸内フローラとか腸内細菌叢とかのことみたい

 

ーーー

 

さて、表題のこと

先日、こだわりの味協同組合の理事長、冨永さんのお話を聞いてきました

その日のお題は「砂糖について」

甜菜糖と三温糖に関してをシェアします

 

さとうきびから不純物(糖蜜 ミネラルやビタミンや食物繊維なども含む)を除くために、たくさんの添加物(化学物質)が使われるそうです

でも、砂糖は添加物を書かなくても良いルールなのだとか…

厚生労働省のHPから

「加工助剤」は完成品には入らないから、書く必要がないという理由です

油とかも同じルールが適応されて、製造工程で使われる添加物が書かれていません

 

さとうきびから砂糖を作る工程、加温しながら何度も粗糖から蜜を取るんだそうです

1番蜜、2番蜜、3番蜜…

初期の蜜からは白いものがとれ、それがグラニュー糖になる

 

続けて5番蜜、6番蜜、7番蜜になってくると、熱で焦げてきて茶色になってくる

これが三温糖

三回温めた糖、ということが由来だそうです

 

三温糖、昔は「低質な砂糖」ということで業務用として安価に売られていたそうです

しかし、消費者の中に「白いものは漂白で悪い! 茶色いものは自然でヘルシー!」というイメージが発生

その流れで「三温糖=茶色=ヘルシー」←勘違いです…

ということで、三温糖が売れるようになったのだとか

それ以降、一般消費者向けに大体的に製造されるようになったそうです

 

三温糖、本来のものは色ムラがあるものだそうです

色むらがあると商品価値が下がるので、カラメル色素で色付けしているんだとか

カラメル色素は発がん物質だそうですので、毒っ気を足していることに…

 

三温糖、僕の母も使ってました

僕「茶色いお砂糖を使っている我が家は健康志向なんだろうな」と思ってました

勘違いでした笑

 

ちなみに「きび砂糖」とか「粗製糖」とかは…

同じ茶色ですが、こちらはミネラルなどの色

加工度が低い砂糖で、三温糖とは異なります

 

次、甜菜糖

甜菜は、ほぼ100%が北海道産

それを大きな工場で、添加物(加工助剤)をたくさん使って不純物(糖蜜)を除き、

まずグラニュー糖にするんだそうです

(甜菜糖は粗糖段階の製品はない)

 

で、そのグラニュー糖に、わざわざ除いた糖蜜をかけて作る…

出ました!「茶色=ヘルシーと思われ、売れる」の法則

 

甜菜糖の茶色はカラメル色素ではなく、糖蜜の色なので三温糖とは違います

でも、添加物を使って除いたものを、また戻す作業になるので、添加物の影響が余計に出ます

 

これはタンボロッジの大屋さんに聞いた話なのですが

「化学物質過敏症の人は、甜菜糖を食べたら口の中の皮膚がただれて血が出る」

とおっしゃってました

この化学物質過敏症の方、オーガニックの白砂糖なら問題なく食べられるそうです

 

甜菜という作物は、栽培時にものすごく農薬と化学肥料を使うんだそうです

 

農薬と化学肥料をたっぷり使った甜菜から作られた甜菜糖

有機栽培で育ったさとうきびから作られた白砂糖

 

どちらが体への影響が少ないと思いますか?

 

ーーー

 

たまに

「マクロビオティックでは甜菜糖を推奨していますか?」

「甜菜は砂糖大根なので、体温めるって本当ですか?」

と聞かれます…

 

マクロビオティックでは単純炭水化物(白砂糖をはじめ、甜菜糖、メープル、アガベ、はちみつなど)は勧めていません

マクロビオティックでは全粒穀物や芋類、野菜などの複合炭水化物を勧めています

 

あと、甜菜はほうれん草の仲間(アカザ科)なので大根(アブラナ科)とは無縁です

体を温めることはないし、むしろ冷やします

 

「甜菜糖=ヘルシー」は、勘違いだと僕は思っています

 

ーーー

 

こだわりの味協同組合では、きびから作った「粗製糖」と甜菜から作った「ビートグラニュー糖」を販売しています

国産原料で加工度の低い安全なものを、という選択になると、これになるんだとか

価格や食文化、国内の産業にまで心を配った選択

 

ーーー

 

家族の健康ために砂糖をどうしたら良いのか、とよく聞かれます

「甜菜糖はいいんですか?」

「砂糖の代わりに何を使ったらいいんですか?」

どんな甘味料も、体へ負担をかけます

最終的には甘味料を必要としなくなるようにシフトしていけるといいですね

 

+++

1/28,29,30 「日本の青空」上映会

2/4(土) 味噌作りクラス

2/24〜26(金〜日) うさとの服展

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

2017.01.17 Tuesday  
食のこと | comments(0) | -  

「日本の青空」上映会@MEGURIYA

先日馬場利子さんから紹介していただいて知った映画「日本の青空」

こちらの上映会を開催することになりました!

 

現在の憲法が出来るまでの経緯を、ドラマ仕立てで描いた映画

映画を見ることで、今私たちが享受している平和や基本的人権、国民主権への理解、意識が深まる気がします

 

映画を通して気づきや意識を深め、そしてシェアし合えたら楽しいだろうなと想像しています

お時間作って、ぜひぜひ

お待ちしております〜

 

++++

 

「日本の青空」上映会
「日本の青空」は、終戦後の憲法作成に尽力した鈴木安蔵という在野の憲法学者を描いた映画です。

ストーリーは女性編集者が鈴木安蔵の足跡を取材する、というかたちで描かれています。
日本国憲法誕生の経緯、そしてそこに込められた思いを丁寧に描いた映画です。

なかなか見る機会がない貴重な映画です。
ぜひこの機会に皆さんとシェアしたいと思っています。

日程

 1月28日(土)15:00〜17:30
 1月29日(日)14:00〜16:30
 1月30日(月)15:00〜17:30

上映時間:123分
参加費:無料
会場:MEGURIYA 和室にて
予約:不要です
※見終わった後、20分ほどシェアタイムを設けます。
 お時間に余裕のある方はご参加ください。

 

あらすじ
月刊アトラス編集部の派遣社員、中山沙也可。
この夏の憲法特集で、沙也可も企画を出すチャンスを与えられる。
母の助言により、沙也可は全く名も知らない在野の憲法学者・鈴木安蔵の取材を進めることに。
安蔵の実娘・子と潤子の証言と安蔵本人の日記帳から、沙也可は戦時下での憲法学者としての安蔵の苦労、崇高さを知る。
---戦後まもなく、安蔵を中心とした民間人による「憲法研究会」が作成した憲法草案が、

実はGHQ案のお手本になっていたという事実---
物語は日本国憲法誕生を巡る真実のドラマの核心へと迫っていく・・・。

 

キャスト
高橋和也 ・藤谷美紀 ・田丸麻紀・加藤剛・宍戸開・児玉謙次

2017.01.11 Wednesday  
イベント | comments(0) | -  

小泉武夫氏講演会@田原文化会館

田原市の主催で小泉武夫氏の講演会がありました

たまたまポスターを見て、開催を知りました

 

講演会、テーマは「真の食育とは何か」

以下、忘備録的に書いてみます

箇条書き

++++

・食育は大人に必要

 

・子供への食育、江戸時代とか寺子屋でちゃんとやっていたらしい

 

・愛知県は野菜を食べない県、全国ワースト1

 

・沖縄県では平均寿命がここ最近、がたっと落ちてしまった

沖縄の人の食生活が激変したことが原因

スパム(ランチョンミート)等、食生活の悪化→若くして病気になる人急増

 

・日本民族の遺伝子は、昔から日本人が食べてきたものが一番合う

日本人は皆、日本民族としての遺伝子を持つ

例えば腸の長さが欧米人よりも長い、など

 

・日本人が食べてきたもの

根茎、菜っ葉、青果、山菜&きのこ、豆(大豆)、海藻、穀物(米、麦、そばなど)

日本人は動物性食品(肉、乳製品、卵、魚)をほとんど食べてこなかった

日本民族は、世界有数の菜食の食文化だった

 

・動物性食品(主に肉)の代わりに、大豆を食べてきた日本人

肉に含まれるたんぱく質17%〜19% 大豆に含まれるたんぱく質16〜18%

大豆は「畑の肉」 大豆加工品である味噌、豆腐、納豆を肉のように食べてきた日本人

最高のスタミナ食は「ひきわり納豆&豆腐&油揚げ入りの味噌汁」

↑朝晩飲みましょう 元気バリバリになります!

 

・免疫を高める食事を学びましょう 題して「免疫食事学」

免疫=病気をふせぐ働き

体の細胞(正常細胞)は免疫を高める細胞(免疫細胞)にも癌細胞にもなる

免疫細胞が増えるような食事をすること→あらゆる病気をふせぐ力が増える

 

・腸は人体の中で免疫に最も関係のある臓器

免疫力は若い方が強い

免疫が一番強いのは赤ん坊←母乳と新生細胞のおかげ

人間は42歳〜43歳で新生細胞ができなくなる→免疫力が落ちる

腸を健全に保てば、歳をとっても大丈夫!

腸は脳とも密接に関係 腸が健康=脳にもよいこと

 

・腸を健全に保つ方法 1、繊維をとる 2、マイクロバイオーム

繊維:植物が持つ繊維は大便の材料になる 腸環境にとって極めて重要

マイクロバイオーム:生きた菌を腸に取り入れること

 

・給食で地元のものをたくさん食べている地域→地元愛のある子供達になる

地元が好きかどうかを小中高生にアンケート→好き5% 嫌い15% わからない80%

給食で地元のものを使っている割合が高い地域は「好き」と答える生徒が多かった

地産の食材で給食をしている地区 一位 高知県南国市 二位福島県飯館村

↑どちらも郷土愛がとても強い子供達が育った

 

++++

 

あっという間の90分

僕が普段思っていることと大体一緒

多くの気づきと発見、そして再確認の機会をいただきました

 

++++

補足

大豆のアミノ酸スコアは肉よりも低い、という定説があります

肉や魚のアミノ酸スコアは100に対し、大豆のアミノ酸スコアは86

だから肉類は良質なたんぱく質で、大豆は低質なたんぱく質だ、という話

 

これは40年以上も前のデータで、今のデータだと大豆のアミノ酸スコアは100と確認されているそうです

(最近では牛肉は98とされているので、大豆の方がむしろ良質なたんぱく質になっている)

 

その2

小泉先生のお話に「マイクロバイオーム」という言葉が出てきました

「腸を整える食事をしましょう」という文脈で使われていましたので、これ「プロバイオティクス」とかって呼ばれているものと似た分野かなと思いました

「腸内環境を良くする食材、菌類を摂取して、腸内フローラのバランスを改善しましょう」というもの

 

一番のプロバイオティクスは自家製の発酵食品です

自分の常在菌が入った発酵食品たち…これが一番自分の、そして家族の腸に馴染みます

味噌、甘酒、梅干し、ぬか漬け、たくあん、浅漬け…

日本は世界一の発酵食文化、特にこの三河地方は全国トップレベルの地域

自分で作ってみると、美味しいし、安いし、楽しいし、腸も元気になる!

ネットで検索すると、作り方とかコツとかすぐにわかります

 

うちで味噌作りクラスもあります←残席わずか

意図せず宣伝になっちゃった(笑)

 

+++

2/4(土) 味噌作りクラス

2/24〜26(金〜日) うさとの服展

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

2017.01.09 Monday  
食のこと | comments(0) | -  

ストレッチ始めてみました

今年はブログをちょこちょこ書きたいな、と思っています

気負うと書けなくなるので、基本気楽に…

意欲が湧いたときは、がっつりと…

 

今年の抱負は「実現」

「思っていることを形にしてみる」というのが目標です

書きたいと思ったので書いてみよう

 

ーーー

 

先日ウォークマット踏んでます、という記事を書いたら…

何人かの方から「ウォークマット買いました!」という話を聞きました(驚!)

僕、ウォークマットの販売に貢献してると思います〜

販売店でもやればいいのかなぁ笑

 

ウォークマット、買った方はしばらくは頑張って踏み続けることをオススメします

毎日10分〜20分

初めは痛いのでテーブルに手をついたり、靴下を履いたりして緩和しながら…

少しずつ痛みも引いてきて、そのうちガンガン乗れるようになります

まずはそこまで行くことが目標になります

僕らは100日ぐらいかかったかなぁ

 

僕も先日の再開以来、毎日10分以上は乗っているかな

踏み始めてから足が冷える、ということは無くなりました

そして、足が美脚になってきた!

むくみがとれて、すっきりしてくるんですね

やっぱり効果あるなぁ、と改めて実感しています

 

ーーー

 

んで…

最近、ストレッチを始めてみました

まあヨガと言ってもいいんですが…

 

身体って加齢とともにやっぱり硬くなってくるもんだな、と実感しています

身体が硬くなってくる=心も硬くなってくる 的なことがあると僕は思っています

身体と心はかなり密接につながっていますから

 

昔、習っていた整体で

「体の成長は27歳まで

そこから老いが始まる

初めはとてもゆっくり始まるが、40歳を過ぎてくると老いが加速する

もっとも急激に変化していく時期は40歳から60歳にかけて

60歳を超えるとひと段落して、老いが緩やかになる

そして80歳を超えると、また老いが加速する」

と聞いたことがあります(正確じゃないかも)

 

これを聞いたときは20代後半でしたので、老いなど全く感じていない頃

僕はこの見解を聞いたとき、なんとなく「この話は本当だろうな」と思いました

 

さて、僕も42歳

いよいよ老いが始まっていることを実感し始めてきました

「お、いよいよ体の力が弱ってくるベクトルになったなぁ」

ちなみに僕、老いるのは全然嫌じゃないんですね

老いを止めたい、とかアンチエイジング!とかは思っていなくて、イイ感じに老いたい、と思っている派です

 

体の機能を維持するためには、メンテナンスすること

今まで通りでは今までのパフォーマンスが出せなくなってくるなぁ、と感じたので…

先手を打つことに

手始めにストレッチを始めた、という感じです

今はこれくらい

続けたら、変わっていくのかな?

 

体は加齢とともにだんだんと硬くなっていきます

ここまで溜めてきた硬さをほぐし、柔らかさを取り戻すために、しばらくの期間、時間を割いてみようと思います

やっぱり、まずは100日ぐらいかなぁ

ってことで、ゴールデンウィークぐらいまでをとりあえずの目標に

続けられますように…

 

+++++

2/4(土) 味噌作りクラス

2/24〜26(金〜日) うさとの服展

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

2017.01.08 Sunday  
雑話 | comments(0) | -  

| 1/92PAGES | >>