MEGURIYA information

【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

連絡先、地図、アクセス

meguriya.organic

@meguriya.organic

 

【2018年10月〜2019年3月講座】←募集開始

・マクロビオティッククッキングスクール・リマ 東三河校
  初級クラス
  中級クラス
  上級クラス
ベジスイーツクラス
暮らしの教室

2018年10月〜2019年3月のスケジュール

 

【ワクチンのお話会】

・田原 12/11 田原文化会館

・新城 1/16 新城地域文化広場

・豊橋 2/13 アイプラザ豊橋←NEW

 

【イベント】

11/17,20,21 キュイッソン・アンジェリカ(天使の調理法)

12/7〜8 榎本合歓 器 新作展&MEGURIYA cafe←新作展!

12/22 カルマキッチン ぱん工房Honami × MEGURIYA←NEW

・12/23 おせちづくり教室(キャンセル待ち)

・12/24 クリスマス会&望年会

・2019/1/19 お味噌作りワークショップ

・2019/2/17 映画「リーディング」上映会

・2019/2/22~24 うさとの服展&MEGURIYA cafe

・2019/2/25 book cafe~root&MEGURIYA~ 

 

MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2018.11.21 Wednesday  
お知らせ | - | -  

12/7~8 榎本合歓 器 新作展&MEGURIYA cafe

今回は新作展となりました お楽しみに!

合歓さんの器は化学薬品を全く使わず、黒松の薪で焼き、

稲穂などで色を出している身体に優しい器です。

 

普段私たちが使っている食器に、危険な染料や薬が

使われていることは案外知られていません。

 

食べ物に気を遣うように、毎日使う食器にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

日本各地に熱心なファンがいる合歓さんの器。

手作りのぬくもりを感じ、日常のなかで使い込むほど愛着が湧いてきます。

 

MEGURIYAでは展示即売会を今までに何度も開催、毎回大好評です。

展示会を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

志摩在住の陶芸家、榎本合歓さん。

東京出身の合歓さんが本当の自然な陶器を求めてたどり着いたのは、

山の麓での手作りの暮らし。

 荒野を切り拓いた2反の畑での自給自足
家もセルフビルド
山の湧き水と薪を使った生活

「一年のうちの2/3は木こり生活だよ」と合歓さんは笑います。

器の材料から焼きあがるまで、徹底的にこだわり手作りで貫かれた器。

 口伝えの特別な窯を、創意工夫で5ヶ月かけて手作り
汚染のない安全な土
釉薬は自然な灰や石、土のみ
地元の黒松だけを薪にして三日三晩かけて焼く

合歓さんの器はあったかくて、力強く、自然の力を感じます。
手に取るとなじんで優しい感じ、火と大地のエネルギーを感じます。
丈夫で、飽きず、使うほどに愛着が湧いてきます。
なによりも、お料理が美味しくなります。

桜沢里真先生、田中愛子先生、大森一慧先生、大谷ゆみこさんなど

マクロビオティックの大御所も、合歓さんの器を愛用されています。
自然な食をしていると、自然な器の良さと大事さがわかるんでしょうね。

私たちも東京にいた頃から合歓さんの器を使っていました。
ごはん茶碗、塩壺、お皿…
どれも使い込むほどに、良さがわかってくる器たち…

日本全国にファンのいる合歓さんの器は、展示会でしか購入できません。
「顔の見える範囲で、人と人のつながりを大事にしていきたい」とのこと。
幸運なご縁で販売会をしてもらっています。

お時間あったらぜひ合歓さんの器に触れてみてください。
合歓さんの話しを聞いてみてください。
合歓さんは話し始めると止まらなくなるので、お時間は余裕を持っていらしてくださいね!

展示会開催中はカフェも開催。
ぜひいらしてください。

 

+++


日程
12月7日(金) 11:00〜17:00
12月8日(土) 9:30〜15:00

 

全日程でMEGURIYA cafe(ランチ、スイーツ、ドリンク)もオープン
カフェの営業時間: 11:00〜15:00ごろ

※ご来店の際はランチの準備がありますので、ご予約いただけると助かります

 MEGURIYA:0531-45-3069 または kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

2018年6月開催のInstagram

榎本合歓さん器展 終了しました たくさんの方々に来ていただき本当にありがとうございました。 皆さんの笑顔に会えて幸せです! ・ 今回のカフェでは、田原の食材をふんだんにつかわせてもらうことができました。 多くの野菜やハーブはすぐご近所の#豆に暮らす野の暮らし研究所 @mamenolab さんから、@patchfarm_ さん、石川農園さん、他 田原でオーガニックで野菜を育てている方々の食材を使わせていただきました〜 皆様に本当に感謝です! 地元の美味しくて安心な食材でお料理を作って、みんなに食べてもらえるって 料理人としてはとても幸せ💕 豊かだなーって思えます。 合歓さんがステキな器を作ってくれて 生産者の皆さんに食材を分けていただいて 今回のカフェをお手伝いしてくれた皆さんに支えられ たくさんの方々に来ていただけて つながりの中で生かされている感覚を 強く感じた3日間でした。 心からありがとうございました

MEGURIYAさん(@meguriya.organic)がシェアした投稿 -

2017年12月開催の記事

2016年4月開催の記事

2015年11月開催の記事

2015年5月開催の記事
 

+++++
榎本合歓(えのもとがっかん)
東京出身。大学卒業後、愛知県瀬戸市の窯業訓練校で学ぶ。
三重県磯部町三ヶ所に倒炎式まき窯を自ら築き、作陶活動を続けている。

 

志摩地方に移り住んだのは、窯の燃料となる黒松が豊富なため。
倒炎式まき窯は、左右二つのたき口から上る炎が天井で一緒になり下方へ下り、約1300度の高温で作品を焼き締めることができるという。

作品が炎に触れ、灰が溶けて自然の上薬になり、独特の味わいを出しているのが特徴。
花入れ、湯飲み、黒と白の土を練り込み、志摩の海と空をイメージしたつぼなどが並ぶ。

榎本さんは「潤いや安らぎを与える作品を作りたい」と話している。
(中日新聞より)

2018.10.30 Tuesday  
お知らせ | comments(0) | -  

パン作り体験

来月の10月、穂浪さんがパン作り体験を開催とのことなのでご紹介

ホシノ酵母で作るパン、美味しいですよ〜

ご興味ある方はぜひ

 

ぱん工房Honamiについてはこちら

http://kbansei.jugem.jp/?eid=1105

 

+++

instagramの投稿から

10月に「ぱん作り体験」のワークショップを開催します。

 

今回は「山食」と「はちみつぱん」を作りたいと思います。

山食は1斤型で1人1本お持ち帰りとなります。

 

10月7日・21日・28日  は14:30〜16:30

10月8日・22日・29日  は  9:00〜11:00

 

参加費:3000円

定員:各5名

持ち物:エプロン・手拭きタオル

 

✳手捏ね希望の方は+500円で出来ます。

直径24cm位のボウルをお持ち下さい。

 

✳お申し込み後のキャンセル

開催日2日前よりキャンセル料1500円がかかります。

 

参加ご希望の方は

店頭

愛知県豊橋市野依町字中瀬古78-1

ライン@

line://ti/p/@honamipan

インスタDM

https://www.instagram.com/y_honami/

電話

0532-39-3006

にてお申し込み下さい。

 

お待ちしてます。

2018.09.15 Saturday  
お知らせ | comments(0) | -  

2018年10月〜2019年3月のスケジュール

2018年10月〜2019年3月のスケジュール

↓クリックすると大きくなります

2018.08.25 Saturday  
お知らせ | comments(0) | -  

映画「いただきます」 新城で上映会あります

今年の春に上映会をした「いただきます」

HP:http://itadakimasu-miso.jp/

新城で上映会が決まったようです

 

この映画、鑑賞後にみなさんから書いていただいた感想…

レポートはこちら

ものすごく評判良かったです!

 

子供達の笑顔と、

美味しそうな顔と、

園長先生はじめ、登場する大人たち

 

心の奥底響く、素敵な映画です

本当にオススメ

 

まだの方も、もう一回見たい方も

ぜひ〜

 

+++

 

日時:7月28日(土)

 1回目上映:10:00

 2回目上映:14:00

※子どもさんの託児を受付けています。

 2回目上映のみ(予約要)多少の負担金を頂きます。

 

チケット代:前売券:800円 当日:1,000円

※高校生以下無料

 

場所:新城文化会館301講習室(定員97名)

 

チケット販売:新城旬のひろば、新城文化会館、星農園

 

主催:新城旬のひろば

後援:豊橋有機農業の会、星農園

2018.07.08 Sunday  
お知らせ | comments(0) | -  

本間真二郎医師 講演会『子どもの病気&アレルギーとアトピーのお話』

MEGURIYAさん(@meguriya_banseiyukiko)がシェアした投稿 -

医師、本間真二郎先生の講演会が浜松で開催されます

日時:5/27、10時から12時

場所:浜松市地域情報センター(浜松駅近く)

参加費:3000円/大人1人

(子連れOK 中学生以上の学生1000円 小学生以下無料)

申込先:https://ws.formzu.net/dist/S56456829/

問合せ:まぁるの会 maaru.no.kai@gmail.com(松田亜紀子)

まぁるの会:https://ameblo.jp/maarunokai/entry-12362867394.html

.

本間先生は僕が今一番お話を伺ってみたいドクター
この講演会があることを聞いた時、嬉しかったなぁ
ほんと、楽しみです
子供がいる方はもちろんのこと、誰にとっても気づきの多い講演会になるんじゃないかな
.
病気には、いつか必ず誰もがなります
友人だったり、家族だったり、自分だったり…
病気になったらどうするか?
病気にならない暮らし方、生き方とは?
病気になってから、よりも、病気になる前から取り組んでいくのがベター
だんだん、でも確実に健康度は増し、幸福度も上がっていきます
.
ちょっとでも気になった方は、ぜひ〜
いろいろイベントが多い時期、予定が入っているかもしれませんが…
少々無理してでも、参加する甲斐のある講演会
おすすめ&貴重な機会です〜

以下詳細(長いです)

 

+++

 

自然派医師 本間真二郎先生をお招きして

『子どもの病気&アレルギーとアトピーのお話』の開催です!

まぁるの会 お医者様の講座 第2弾!!

浜松で初開催です♪

本間先生は、これから講演会開催がますます減っていくそうです。

とても貴重な開催ですよ!

是非是非、周りの方もお誘いの上ご参加いただき、多くの方に本間先生のお話を聴いていただきたいです。

.

本間先生は、元小児科医でもあり、ウイルス・ワクチンの研究もされていました。

農業をするために2009年に栃木に移り住み、七合診療所の所長に就任し、自然に沿った暮らしを実践されています。

.

子どもの病気のことちゃんと知っていますか?

ちょっと症状が出ただけで病院に駆け込んでいませんか?

それぞれの症状には意味があるそうです。

お母さんが子どもの様子を見てお家でセルフケアで症状を良くすることもできます。

もちろん症状によっては、病院も必要です。

その判断ができるように、先生が教えてくださいます。

アレルギー性疾患やアトピー性皮膚炎など病院で行う一般的な治療は対症療法であり、根本的な治療ではないようです。

ですので、いくら薬を飲んでも塗っても治らないのです。

本当は何が原因なのか、どうすれば治るのか知りたいと思いませんか?

子どものために、自分のために

「知ること」そして「選択」をしましょう♪

.

○日時:2018年5月27日(日)10:00〜12:00

〈スケジュール〉

9:30〜 受付

10:00〜11:30 講座

11:30〜 質疑応答

12:00 終了

.

○場所: 浜松市地域情報センター 1階 ホール

 (浜松市中区中央1丁目12−7)    

遠州鉄道西鹿島線電車 「遠州病院前」下車、徒歩2分

JR浜松駅徒歩10分

※お車でお越しの場合、駐車場はありませんので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

センターのすぐ手前に【エムテッククリエート浜松東パーキング】があります。⇒http://www.109chu.com/shizuoka/createhamamatsuhigashi.html

.

○参加費:3000円

※ご一緒に参加されるお子様が中学生以上の学生の場合、お子様1人1000円となります。ご了承ください。

小学生以下は、無料です。

.

○お子様連れ可能です。

.

○定員:150名

.

○キャンセルポリシー

5月20日以降のキャンセルは全額返金不可となります。

れ以前のキャンセルは、振込み手数料を引いての返金となります。

.

●申込み方法●

https://ws.formzu.net/dist/S56456829/

パソコンメールアドレスでのお申込みを推奨します。

お申込み後、1週間以内に振込みをお願いします。

入金確認後、申込み完了となります。

振込み先等は、申込みフォームをご覧ください。

.

【講師の紹介】

本間真二郎

七合診療所 所長(栃木県那須烏山市)

1969年北海道札幌市に生まれる。

2児の父。

1993年札幌医科大学を卒業。北海道の病院に小児科医として勤務。

2001年より3年間アメリカの国立衛生研究所にてウイルス学・ワクチン学の研究に携わる。

2005年帰国。札幌医科大学新生児集中治療室(NICU)室長を経て、退職。

2009年自然派の医療を実践するために、栃木県那須烏山市に移住。

現在は、地域に密着した医療に携わりながら、プライベートでは農的生活を送っている。

皆で米作りを、個人的には自然栽培で季節の野菜と穀物を育て、調味料を自給自足。

○著書

2016年11月、初著書「病気にならない暮らし事典」(セブン&アイ出版)を出版。 

2017年2月、2冊目の著書「病気にならない食と暮らし」(セブン&アイ出版)を出版し現在好評発売中。

当日、書籍の販売をします。

☆本間真二郎先生ブログ https://ameblo.jp/rutorl

.

●コチラの申込みフォームからお申込みお願いします。 

https://ws.formzu.net/dist/S56456829/

.

○質問・お問合わせ先

まぁるの会 松田亜紀子 maaru.no.kai@gmail.com

.

◎後援:NPO法人大工村
HP ⇒ http://daikumura.com/

2018.05.26 Saturday  
お知らせ | comments(0) | -  

6/29~7/1 榎本合歓器展&MEGURIYA cafe

合歓さんの器は化学薬品を全く使わず、黒松の薪で焼き、

稲穂などで色を出している身体に優しい器です。

 

普段私たちが使っている食器に、危険な染料や薬が

使われていることは案外知られていません。

 

食べ物に気を遣うように、毎日使う食器にも目を向けてみてはいかがでしょうか?

日本各地に熱心なファンがいる合歓さんの器。

手作りのぬくもりを感じ、日常のなかで使い込むほど愛着が湧いてきます。

 

MEGURIYAでは展示即売会を今までに何度も開催、毎回大好評です。

展示会を楽しみにしている方がたくさんいらっしゃいます。

 

 

志摩在住の陶芸家、榎本合歓さん。

東京出身の合歓さんが本当の自然な陶器を求めてたどり着いたのは、

山の麓での手作りの暮らし。

 荒野を切り拓いた2反の畑での自給自足
家もセルフビルド
山の湧き水と薪を使った生活

「一年のうちの2/3は木こり生活だよ」と合歓さんは笑います。

器の材料から焼きあがるまで、徹底的にこだわり手作りで貫かれた器。

 口伝えの特別な窯を、創意工夫で5ヶ月かけて手作り
汚染のない安全な土
釉薬は自然な灰や石、土のみ
地元の黒松だけを薪にして三日三晩かけて焼く

合歓さんの器はあったかくて、力強く、自然の力を感じます。
手に取るとなじんで優しい感じ、火と大地のエネルギーを感じます。
丈夫で、飽きず、使うほどに愛着が湧いてきます。
なによりも、お料理が美味しくなります。

桜沢里真先生、田中愛子先生、大森一慧先生、大谷ゆみこさんなど

マクロビオティックの大御所も、合歓さんの器を愛用されています。
自然な食をしていると、自然な器の良さと大事さがわかるんでしょうね。

私たちも東京にいた頃から合歓さんの器を使っていました。
ごはん茶碗、塩壺、お皿…
どれも使い込むほどに、良さがわかってくる器たち…

日本全国にファンのいる合歓さんの器は、展示会でしか購入できません。
「顔の見える範囲で、人と人のつながりを大事にしていきたい」とのこと。
幸運なご縁で販売会をしてもらっています。

お時間あったらぜひ合歓さんの器に触れてみてください。
合歓さんの話しを聞いてみてください。
合歓さんは話し始めると止まらなくなるので、お時間は余裕を持っていらしてくださいね!

展示会開催中はカフェも開催。
ぜひいらしてください。

 

+++


日程
6月29日(金) 11:00〜17:00
6月30日(土) 10:00〜17:00

7月01日(日) 10:00〜15:00

 

全日程でMEGURIYA cafe(ランチ、スイーツ、ドリンク)もオープン
カフェの営業時間: 11:00〜15:00ごろ

※ご来店の際はランチの準備がありますので、ご予約いただけると助かります

 MEGURIYA:0531-45-3069 または kbansei@kha.biglobe.ne.jp

↑前回開催時の写真です

 

2015年5月開催の記事
2015年11月開催の記事
2016年4月開催の記事

2017年12月開催の記事
+++++
榎本合歓(えのもとがっかん)
東京出身。大学卒業後、愛知県瀬戸市の窯業訓練校で学ぶ。
三重県磯部町三ヶ所に倒炎式まき窯を自ら築き、作陶活動を続けている。

志摩地方に移り住んだのは、窯の燃料となる黒松が豊富なため。
倒炎式まき窯は、左右二つのたき口から上る炎が天井で一緒になり下方へ下り、約1300度の高温で作品を焼き締めることができるという。

作品が炎に触れ、灰が溶けて自然の上薬になり、独特の味わいを出しているのが特徴。
花入れ、湯飲み、黒と白の土を練り込み、志摩の海と空をイメージしたつぼなどが並ぶ。

榎本さんは「潤いや安らぎを与える作品を作りたい」と話している。
(中日新聞より)

2018.05.22 Tuesday  
お知らせ | comments(0) | -  

5/4〜6 共感的コミュニケーション合宿〜満員〜

共感的コミュニケーション合宿

〜どうしたらこの気持ちが伝わるのだろう?〜

 

共感的コミュニケーション(NVC)は教育や子育て、医療、仕事の現場で注目されるコミュニケーション方法です。

 

日頃私たちは…

怒りや悲しみなどの激しい感情を押し殺して、表面上でニコニコしていたり…

空気を読んで、周りが求めることをして、自分を押し込めたり…

人から一方的に決めつけられ、批判され、自分も攻撃的になってしまったり…

自分の意のままに相手を動かそうとして、黙らせてしまったり…

共感的コミュニケーションは、そんな自己犠牲や心理作戦から自分を解放する提案です。

 

評価や批判、分析、取引ではなく自分と相手の心の声に耳を傾ける。

本当の感情と大切な思いを明確にすることで、お互いの誤解や偏見からではなく、心から繋がりながら共感を持ってコミュニケーションする方法です。

 

合宿という貴重な環境を活かし、日常の生活のなかで取り入れられる練習方法や意識の持ち方、身体トレーニングなど、NVCの基礎学習から、身につけるための助けとなる手法の習得までを含む、総合的な講座となります。

朝や夜の時間も、大切な学びのひとときになります。

 

【photo report】2017/5/4〜6 共感的コミュニケーション合宿

 

 

MEGURIYAが会場になりますので、食事はマクロビオティックをベースとした穀物菜食。

 

その日の体調や天候に合わせてメニューを決め、季節の食材を活かした食事を作ります。

みんなで準備し、みんなで盛り付け、みんなで食べて、みんなで片付ける…

 

日常的な共同作業を通して、NVCを活かしたコミュニケーションを学んでいこうと思っています。

 

 

ーーー

 

共感的コミュニケーション(NVC)の紹介 〜NVCジャパンから引用〜

NVC(Nonviolent Communication=非暴力コミュニケーション)とは

コミュニケーションにおいて相手とのつながりを持ち続けながら、お互いのニーズが満たされるまで話し合いを続けていくという、共感を持って臨むコミュニケーションの方法です。

カール・ロジャ−ス博士の弟子のマーシャル・B・ローゼンバーグ博士によって体系付けられました。

頭(思考)で判断・批判・分析・取引などするかわりに、自分自身と相手の心(ハート)の声に耳を傾けて、今の感情(Feeling)・ニーズ(Needs)を明確にしていくことで、お互いの誤解や偏見からではなく、心からつながりながら共感を伴ってコミュニケーションをすることを主眼にします。

具体的には、「観察(Observation)」「感情(Feeling)」「ニーズ(Need)」「リクエスト(Request)」の4要素に注目しながら、コミュニケーションで起こっている問題・ズレを整理していくという方法をとります。

こうすることで、自分の、また、相手の内側にある大切な思いを丁寧に扱い、ともに平和を創りだすことをめざします。

 

共感的コミュニケーション(NVC)を体系づけたマーシャル・B・ローゼンバーグ博士の動画

その2

その3

 

ーーー

 

講師プロフィール:西東万里(さいとうまり)

2007年頃より非暴力コミュニケーション(NVC)を安納献氏より学ぶ。

08年以降NVCの海外認定トレーナーを招聘したほぼ全企画に携わるほか、自らも招かれて講座を行うため全国を飛び回る。
現代朗読家としてフリージャズや現代音楽のアーティストらとのライブ・公演を多数行ってきた表現者であり、また、老人ホームや被災地、母親対象のケアや講座を行う音読療法士でもあるが、いずれの活動もNVCが太い軸となっている。

NPO法人現代朗読協会、音読療法協会所属。

日本平和学会員、韓氏意拳学会員。

東京在住。

 

万里(まり)さんから合宿で行うワークについて、お寄せいただきました

この合宿講座は、共感的コミュニケーション(NVC)の基礎がテーマです。
1. NVCの目的と、3つの意図
2. NVCを実践するための4つの要素
3. 自分とつながること
4. 聞くこと
5. 話すこと
6. お祝いと嘆き
……これらを実践練習を通して学んでいく予定です。

ーーー

合宿という貴重な環境を活かし、日常の生活のなかで取り入れられる練習方法や意識の持ち方、身体トレーニングなど、NVCの基礎学習から、身につけるための助けとなる手法の習得までを含む、総合的な講座となります。

朝や夜の時間も、大切な学びのひとときになります。

 

 

【photo report】2017/5/4〜6 共感的コミュニケーション合宿

ーーー

満員となりました

日時:2018年5月4日10時集合 〜 6日15時解散

※学びを深めるために、終了時間が延長する場合もあります。
時間に余裕を持ってお越しください。

 

参加費:33000円(講習代、宿泊代、食事代など)

※入浴と就寝は「オーガニック宿まるえい」になります。
※夫婦やカップルで参加の場合10%割引。
※通いでの参加も可能です(通いは28000円)。

 

キャンセルについて

予約が確定した時点で下記キャンセル料が発生いたします。
・当日:参加費の100%
・前日:参加費の50%
・2日〜3日前:参加費の30%

 

会場、参加申し込み:MEGURIYA

・お名前
・携帯電話番号

・メールアドレス

・宿泊の有無

 ・性別(部屋割りを決めるため)

をお知らせください。

住所:愛知県田原市若見町権亟地80
電話:0531-45-3069(受付時間8:00〜21:00)
メール:kbansei@kha.biglobe.ne.jp(受付時間24時間)

アクセスはこちら

 

その他の注意事項

相部屋となります。

 ※入浴と就寝は「オーガニック宿まるえい」になります

発病中の方、重大疾患の方はご参加いただけません。
室内での喫煙・飲酒はご遠慮下さい。
洗濯は、洗面台などで各自お願いいたします。
貴重品は各自で保管して下さい。
香りや刺激の強い化粧品、香水などはお控え下さい。

希望の方は車で入浴施設まで行けます

伊良湖ビューホテル
天然温泉を運んだ大浴場、費用は850円です。

 

持ち物

洗面用具やタオルなどのアメニティ類は用意がありませんので、各自でご持参ください
食事の準備や片付け等をしますので、エプロンと三角巾をお持ちください
<あったら良いもの>

運動・ウォーキングできる格好、運動靴、帽子
下足のサンダルまたはスリッパ(海岸を素足で歩く予定です)
着替え、洗面用具
ノート類、筆記用具

 

2018.02.20 Tuesday  
お知らせ | comments(3) | -  

2018年4月〜9月のスケジュール

2018年4月〜9月のスケジュール 一覧表です

↓クリックすると大きくなります

2018.02.13 Tuesday  
お知らせ | comments(0) | -  

忘年会開催 12/22(金)

今年も忘年会を開催します〜!

 

どなたでもお越しいただけます

年の瀬、みんなでワイワイと楽しい、美味しい時間を過ごしませんか〜?

 

出入り自由です
こられる時間に、居られるだけ、ゆっくりして行ってください

 

和室&布団もありますので宿泊もできます
お酒持参で乗り込んでくださいませ

 

毎年楽しい忘年会
今年もきっと楽しい1日となるでしょう♪

 

お待ちしております〜

+++++
MEGURIYA 忘年会
日程  12/22(金)
時間  10時頃から夜中0時頃まで
参加費 無料
ポットラック(一品持ち寄り)です
(なんでも構いません お気楽に〜)
お酒を飲む方は、ご持参ください
宿泊も出来ます
 電話:0531-45-3069
2017.11.25 Saturday  
お知らせ | comments(0) | -  

| 1/13PAGES | >>