お祭り

今日は神社でお祭り

 

僕は去年から今年の二年間、瀬古長(15戸ほどの代表)という村のお役についています

瀬古長の仕事は、配りものしたり、草刈りしたり、お祭り出たり、運動会出たり…

ようは2年交代の雑用係です笑

 

このお役目で神事に参列してきました

こちらの八幡社の建物の中に、お社? みたいのが二つあるんですね

(写真撮りたかったけど…

 さすがに気が引けたので、やめました)

 

中にあるお社、通常は扉が閉まっているのですが…

このお祭りの時だけ、扉を開きます

扉を開けて、お供え物をして、玉串をお供えします

 

んで

祝詞をあげて、お祓いして、いよいよ扉を開けるのですが…

扉を開けるときに、巫女さんが

「ぉぉぉおおおおおおー!」

って唸るんですよ

これがね、怖いのよ😂

 

まず巫女さんの声が怖い

あと、エネルギーがね、ぐわっとするんですよ

目には見えないけど、なんかを感じるんですよ

怖いでしょ笑

 

僕らはすっかり鈍くなっちゃってわかりにくくなってるけど…

守護してくれているエネルギー体がいるんだなって、感じます

 

神事は30分ぐらいかな

一つ一つが興味津々

お作法の全てに意味があるんだろうな

とっても面白い

 

+++

 

村の代表者が、ここで感謝を捧げ、祓われて…

そこから餅投げ🎉

 

もち投げ10時45分からなんですけどね

もうね、みんなね、楽しみなんだな

↑早い人なんかは9時半ぐらいから来てるんだもの😁

 

さて本番

今日はあいにくの雨でしたが…

たくさんの人がきてました〜

もち投げ、僕は餅を投げる側

投げ始めると…

 

皆さんが声をかけて来ます

「加藤くん、こっちね!」

「おーい、そこの子、よろしく〜!」

そこの子って僕のこと?笑

40過ぎてますよ

おばば達からすれば、子供なのね笑

 

みんな雨の中、マナーを守りつつも、がっつり拾っていきます

楽しいな〜😁

 

+++

 

お祭りを通して

代表者が氏神様に感謝し、自然に感謝し、実りに感謝する

そして、村人全員で収穫を祝い、餅投げ等でがっつり楽しむ

 

ずっと続けていくためには、我慢では続きません

大切なことほど、楽しんで続けて行くことが大事

日本のお祭りって、よくできた仕組みだなぁ、と感心します

 

地域の守り神を大切にするって、やっぱり大切

目に見えないけど、私たちはたくさんの存在から

サポート受け、守られ、支えられています

 

こうやって一年に一回、うやうやしく、ちゃんとお礼をする

日本のいい文化だな、と改めて思ったのでした

2018.10.15 Monday  
雑話 | comments(0) | -  

チネイザン講座@ベジカフェロータス

今日はロータスさんで開催されたチネイザン講座に出席してきました

 

チネイザンって何?

って感じですよね

 

チネイザンはタイのデトックスマッサージ

「チネイザン」、漢字で書くと「気内臓」

肉体的に言うと… 内臓をもんで、たまった老廃物を流し出します

エネルギー的に言うと… 内臓にたまった「気」を本来の状態に戻していく

そんなマッサージです

 

+++

 

内臓っていろいろありますよね

心臓、腎臓、肺、膵臓、肝臓…

実は臓器と感情って密接に関係しています

 

例えば…

肝臓が疲れてくると、イライラしやすくなります

逆に、イライラすると肝臓を痛めます

 

怖がりの人は腎が疲れていることが多い

逆に言えば、腎が痛んでいると怖がりになります

 

臓器と感情ってつながっています

 

+++

 

感情って目に見えないので、わかりにくいですが…

いやなことがあると、内臓に「気」としてたまります

現象としては、気が滞るとおなか固くなります

 

怒りをためると、肝臓が固くなり…

忙しすぎると、みぞおちが固くなり…

心配事がたまると、胃が固くなり…

 

しっかりたまります

おなかは正直

なので、おなかをさわられるのは、本当はとても恥ずかしい笑

わかる人がさわれば、健康状態から心理状態まで、ぜーんぶモロバレですから

 

+++

 

んで、チネイザンは、内臓をもむのですが…

肝臓をもめば、もちろん肝臓が解きほぐれます

それは同時に、感情も解きほぐれることにつながります

 

肝臓をもむことは…

自分にたまった怒りの感情を

 認め、緩ませ、解放し…

本来の自分の状態へと戻っていきます

 

+++

 

今日は「セルフチネイザン講座」

自分で自分のおなかをもむ方法を習いました

 

これね、やってみると…

たまったエネルギーが流れていくんですね

緩んで、呼吸が深くなって、リラックスしていくのがわかります

おおー、なんか解放された感覚だぞ〜

とっても面白い

 

今日、yuki先生がおっしゃっていたこと

「自分を癒やすことができるのは、自分です」

自分のおなかを固くするのも、柔らかくするのも、自分の選択なんですよね

 

固くなったら、自分でも解きほぐすことができる

おなか柔らかになると、感情も柔らかに…

人生もきっと柔らかになりますね

 

+++

 

yuki先生と記念撮影

yuki先生はマクロビオティックも実践されてますし…

お肌とか雰囲気とか、そんじょそこらではお目にかかれないほどピカピカでしたよ〜

チネイザンの実践を通して、ご自身本来の力を遺憾なく発揮されているんでしょうね

 

yuki先生のチネイザン講座、ロータスさんで来年も開催予定だそうです

やったね〜

僕も日程が合えば… また参加したいな〜

 

+++

 

今日の講座はロータスさんのランチ付き

ベジハンバーグ、本物を超えてます笑

どれも、めっちゃ美味しかった

 

10/21までのメニューです〜

http://blog.livedoor.jp/vegecafe_lotus/archives/52530797.html

レッツゴー!

2018.10.13 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

どんな最期を迎えたい?

なんか重たい題名になっちゃいましたが💦

気楽に書いてます

 

ちょっと前ですが…

こんな動画を見つけました

 

 

近藤誠医師との合同公演会なのかな

萬田緑平さんは群馬県前橋市で緩和ケアの診療所をされているお医者さん

緩和ケア 萬田診療所 http://www.kanwamanda.com

 

50分ちょっとあるので、ちょっと長いのですが…

是非ご覧になっていただきたい動画

 

引き込まれますので、退屈する等の苦痛はまずないと思います

あっという間に終わります

 

+++

 

どういう最期を迎えたいのか

家族…

そして、自分…

 

人間、必ず死にますよね

わかっているようで、忘れていること

いつかは死ぬって知ってはいるけど…

その日が来るとは、本当のところは思っていなかったりします

でも、確実にやって来ます

 

僕は両祖父母、両親ともに亡くしておりますので…

「人が死ぬ」ということは、歳の割には実感があります

でも、まあ、普段はやっぱり忘れてますね😅

 

+++

 

「死を想う」ということを、ネガティブなことだと僕は思っていません

「死と生」は「表と裏」、一つです

私たちは、常に生きながら死につつあります

 

「旅立ちと誕生」も表と裏、「あの世とこの世を行ったり来たり」、です

死を想う=生を想う

よりよく死にたい=よりよく生きたい

直結すると思っています

 

あの世に行く直前の「死に際の状態」って大事です

「楽しい&充実した人生だった」と思ってあちらに行くのか

「つまらない&なんの挑戦のない人生だった」と思ってあちらに行くのか

あちらでどんな状態になるのか、死に際のバイブレーションで決まります

 

生きているうちに天国にいくこと

元気に寿命を生き切ること

僕のモットーです

 

+++

 

現代日本は、医療介入が盛ん

それこそ揺り籠から墓場まで付いて回ります

 

自分、そして家族は、どこまで医療に介入して欲しいのか

元気なうちに決めておきたいテーマです

気分よくあちらに旅立つこと、旅立たせてあげること、本当に大事です

 

動画を見て、ご自身の想いを感じてみて下さい

2018.10.12 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

ICEMAN

田原の豊川堂で、こんな本を見つけました

The way of  the ICEMAN

サンマーク出版

笑顔で氷漬けになっているおじさん

なんだこれ??

 

中をパラパラと見ると…

どうやら訓練によって体内の熱産生を増加させるとのこと

熱を生む力を極限まで高めると、氷水でも耐えられる状態になるらしい

 

基本的には、普通の人は自律神経をコントロールすることはできないと言われています

しかし、このヴィム・ホフ(Wim Hof)なる人物は、自在にあやつるという

 

この人のワークショップによって、世界中にICEHUMANが誕生したらしい

氷のような水中だと、普通の人ならあっという間に死んでしまうのに…

そこかしこで、厳寒の川や湖で泳ぐ人がたくさんいるという

 

+++

 

「不食の人」はものを食べずに生きることができるという

この秋山佳胤氏は、飲まず食わずで何年も生きている

ブレサリアン 呼吸で食べる人

世界中に何万人もいるらしい

 

こちらも訓練によって食の量を落としていく

心の使い方等にもコツがあるようだが、行き着く人は食べなくてもすむようになる

空気中にあるエネルギーを摂取して生きるとのこと

これもジャスムヒーンという人が「食べないでも生きられる」と示したことから、世界中で広がっていった

 

+++

 

ICEMANも、不食の人も、どちらも我慢がしたくてこんなことをしているのではなさそうだ

訓練=苦行 のようだけど…

実にワクワクしながら楽しげにチャレンジしているように見える

ブレイクスルーした人と遭遇すると、自分にも限界がないことを知る

あとは、ただ、自分もやってみたいかどうか、体験への欲だけだ

 

人間はトレーニングによって、どこまでも限界をこえていく

温めなくてもいい、食べなくてもいい

衣食住からすらも、縛られていない

常識を越えて、どこまでも自由だ

 

インドの山奥に聖者がいるって話…

きっと本当なんだろうな笑

 

追記

僕は氷漬けも不食も、いまのところは体験できなくていいです

ごはん大好き、お風呂大好きですから〜笑

ちょっと面白いのでシェア、ってぐらいの話です😁

2018.10.03 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

ミツバチ・ネオニコチノイド・畑

先日のこと

田原在住の芸術家、石川理(おさむ)さん

 

理さんはいろいろと果樹栽培をされていて、いつもおすそ分けを持って来てくださいます

今年も梅を持って来てくれました


僕「毎年くださって、ありがとうございます」

理さん「いや、こっちももらってくれてありがたいよ」

ほんと、感謝です

 

理さんはニホンミツバチを飼っていらっしゃって、我が家にも一昨年巣箱を分けてくれました

 

理さん「蜂箱、やってる?」

僕「今年はちゃんとはセットできてないんです… すみません」

理さん「やったらいいよ」

 

理さん「畑やってる?」

僕「あんまりやれてないです…」

理さん「やったらいいよ」

 

爽やかに、しっかりと、勧めてくれました

ほんとそうだなぁ、といたく心に響きまして…

蜂の巣箱を庭の真ん中に設置しました

分蜂のメインシーズンはちょっと前なので、少し遅いんですが…

ていねいにセットしました

 

最近はグランドカバーのヒメイワダレソウに白い花が咲いておりまして…

この花にミツバチがいっぱい来ています

ちょこちょこと花から花へと移って蜜? 花粉? を集める様は、なかなか可愛い

 

ミツバチ、世界各地で激減しているようです

知ってました?

主原因はネオニコチノイド系の農薬(殺虫剤)だと言われています

 

↓こちらは「報道特集」での特集
見ると、ミツバチに起こっている危機がよく理解できます

25分ほどあるので、お時間あるときに

 

こちらは読み物

お米の等級がネオニコチノイド農薬の使用を助長していた!お米の等級とミツバチ。身近な殺虫剤との深い関係

 

ネオニコチノイドは世界各国で販売や利用の規制が進むなか…

日本では依然として使い続けて行く方針のようです

 

農薬は巨大な化学系企業(例えば住友化学)がからんでますので、

「ネオニコチノイドと蜜蜂の減少の因果関係は不明である」

という感じで、圧力によってねじ伏せられてきました

日本の政策は、どこまでも経済優先、命よりも経済

 

生態系は「多様性、つながり、循環」によって動いていきます

人間の都合で、他の生物を大量虐殺すれば…

つながりや循環が途絶えてしまう

 

特にミツバチは「つながり、循環」という観点から見て重要な昆虫

ミツバチの減少は、生態系への直接的なダメージになります

 

生態系が傷つけば… 自分たちの生存も当然危うくなります

全てはつながっています

最後はめぐりめぐって、自分たちに返って来ます

 

この動画とってもおすすめなので、始めの7分だけでも見て欲しい

ミツバチ激減への対処は、ネオニコ系の農薬に規制をかけて使用禁止にするのが一番です
 

農薬はミツバチの天敵か 大分の農家 神鳥一さん 使用避けて一転、巣が増えた ネオニコチノイド系 欧州では一部禁止へ

ネオニコチノイドをやめれば、ミツバチはまた増えていく

邪魔さえしなければ、生態系は力強く回復していきます

 

ネオニコ系の農薬、欧州では今年から野外使用は禁止になったようです

日本もそうなればいいのですが…

これは、今すぐには実現しない

 

なので、まずは自分たちができることを…

養蜂家の船橋さんが提案する「ミツバチたちに対して、私たちができること」

  1. 自然に感謝する
  2. 薬品の使用を減らす
  3. 花や緑を植える
  4. 買い物に気をつける

これなら、できることもありそうです

 

僕は、1,2,4はそれなりにやってるので…

3番に取り組もうかな

ミツバチが喜びそうな蜜源植物を増やしてみよう

 

+++

 

畑も…

理さんに言われて、やる気スイッチ入りました

今夏はやってます

 

ピーマン、トマト、バジル など

 

インゲン豆 発芽したて

 

人参芋&べにあずま 

 

その他、ナス、オクラ、スイカ、モロヘイヤ、枝豆、シソ、エゴマ、きゅうり、かりもり

ししとう、パクチー

 

オーガニックなので多少は虫に食われてますが、順調にすくすく育っています

楽しいし、楽しみだ

2018.06.15 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

本間真二郎医師講演会&関根絵里さんトーク会

ちょっと前になりましたが… 日曜日は学びの日でした
.
午前中は浜松まぁるの会主催の
自然派医師本間真二郎さんの講演会
「子どもの病気&アレルギーとアトピーのお話」
.
本間先生は、想像していた方とはちょっと違う印象でびっくり
写真では柔和でふんわりした印象でしたが…
実際は、研究熱心な切れ味鋭い侍、という印象
お自身の研究と臨床経験からくる力強いお話
とても勉強になる&勇気づけられました
全国で引っ張りだこなのもうなづけます


.
講演会の内容は…
マシンガントークでみっちり満ち満ちの高密度
高い熱量でぐいぐいいくなぁ、と感服しました
内容も極めてハイレベルなものでした
.
浜松での講演会、参加者にも本間先生にもとっても好評だったみたい
なので、また来てくださると思いますよ〜
今回逃した方は、次回はぜひ!
.

.
夕方はベジカフェロータスさんにて
Elliさんこと、関根絵里さんのトーク会
「カリフォルニア・オーガニックライフスタイルと食育」

.
話し手の絵里さんから醸される
「自分らしく生きましょう」
という波動に、刺激もらったなぁ


.
言い訳がましいけど…
日々の日常にまみれてくると、
知らず知らずのうちにしがらみとか限界とかに絡めとられてきて、
まあこんなもんだよね、みたいになっていっちゃう
生活圏内も、思考も、発想も、縮こまっていきがち
.
「オーガニックライフのキーワード」
・サスティナビリティ 持続可能な社会
・エコシステム 生態系
・スモールパッチ 少量生産
・リアルフード 本物の食べ物
そうそう、これなんだよね!


.
僕個人としては、ここに
・ローカリゼーション 地域循環
を加えたい
あと、マクロビオティック哲学の
・一物全体 全部丸ごといただく
・身土不二 地元の旬のものをいただく
・陰陽調和 バランスをとる
も大切
.
心新たに、理想に向かって…
限界作らず、ありたい姿に向かっていき続けたいものです

2018.06.02 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

メガネ新調しました

MEGURIYAさん(@meguriya_banseiyukiko)がシェアした投稿 -

田原セントファーレに新しく出来た眼鏡店
Lily Optiqueさん
.
僕は結構視力が低くて視力矯正が欠かせません
小学5年生ぐらいまでは1.5あったんですけどね
思春期にガタ落ちして0.1切りました汗
.
若い頃はコンタクトレンズでしたが、面倒になって眼鏡にしたのが30歳ぐらいかなぁ
それ以来、眼鏡生活
昔は好んでおしゃれメガネかけてましたが、最近はすっかり無難眼鏡ばっかり
色気の消えたおっさん化してました汗
.
ひさびさの眼鏡新調
思い切って、イメチェンでーす
前回メガネ変えたときは、誰も気づかなかったからね笑
.
Lily Optiqueさん、素敵なフレームいっぱいあって、楽しい&嬉しいです
眼鏡屋さん入って、ひさびさにテンション上がりました
検査等もとっても丁寧&親切
おすすめでーす
.
こちらで購入されるとき、僕の紹介ってことになると割引していただけるとか
なので、その場合は僕にメッセージください〜
ご紹介します!

 

2018.05.18 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

"ぱん工房Honami"オープン・家の補修

今日、3月23日

友人の穂浪由美子さんがパン屋さんを開店しました!

お店の名前は"ぱん工房Honami"

おおー👏

おめでとうございます〜

 

今日、さっそくお店に伺いました

おおー

穂浪さんのお店だ

やってますね〜

木の感じがいいね

 

後ろにずらっと並んでますね

きっとがんばって作ったんだろうなぁ

 

豆乳ロールとはちみつパンと山食をいただきました

ふわふわ柔らかで美味しかった〜

ごちそうさまです

 

穂浪さんのパンは…

玄気プラスの安竹さんの紹介が素晴らしかったので拝借します

明日3/23は豊橋、野依に新しいパン屋さん、『ぱん工房honami』さんがオープンします!

国産小麦100%。天然酵母。卵、牛乳、白砂糖不使用!

もちろん添加物、保存料不使用。すごい!

良い意味で天然酵母っぽくない、完成度の高いパン達です。

国産小麦だから香りも味わいも飽きがこない。

毎日食べたくなるパン。

菓子パン、惣菜パンいろいろありますが、なんと言っても、食パンがオススメ。
シンプルに素材の良さを感じます。

裏ルートを使って一足お先に、食パン三種を試食(^^)

・大人のラムレーズン
・トマト&バジル
・山食

中はしっとり柔らかいのに、耳までおいしー。

是非行ってみて下さいませ。

 

ぱん工房 Honami

Instagram https://www.instagram.com/y_honami/
愛知県豊橋市野依町字中瀬古78-1
0532-39-3006
営業日 水・木・金・土 11:00〜17:00 (無くなり次第終了)

追記 2018年9月より日曜日(9:00〜14:00)もopen!

オススメは、、、やっぱり食パン!

穂浪さんのパンの酵母は「ホシノ丹沢酵母」

ホシノ丹沢酵母パン種
神奈川県の丹沢山塊で採取された酵母を小麦粉、米、麹、水でゆっくり育てたパン種です。

ホシノ天然酵母パン種と酵母の種類が異なります。
すっきりとした爽やかな風味が特徴です。

すばらしい香味と深い味わいは、大自然の恵みそのもの。
自然界の風味を味わえるパン種です。

上手に焼けたホシノ酵母のパンは、本当に美味しいのです

 

穂浪さんのパンはバターや卵、牛乳、添加物などを使っていないシンプルなパン

小麦本来の香りや甘み、モチっとした食感、素材の美味しさを満喫できます

美味しいパン屋さん、いろいろありますが…

穂浪さんのパンも他では食べられないオリジナルな美味しさがあります

 

場所は野依八幡社の近くです

 

+++

 

先日から、家の補修が始まりました

うちは、実は結構雨漏りがありまして…

 

柱が外に出ているので、台風等の雨が横から降るような嵐の時は、いつも雨漏りしていたのです

ずっとだましだましきたのですが…

建物できて7年、メンテナンスの時期が来たので、これを機会に一気に補修することになりました

 

家の周り全部の補修になるので、足場を組んでの作業になるのですが…

すっごい立派な足場が組んであります

まるで要塞みたい

 

実は今回、できることは自分たちでやろう、ペンキ塗りは自分たちでやろう、と思いまして…

その旨を大工さんにお伝えしたところ

「施主がペンキ塗るらしい

 落ちたら大変

 しっかり足場を組みましょう」

ということになったみたい

えらい立派に、しっかり組んでくださいました

ありがたや〜

 

んで、いよいよ今日からペンキ塗り

ごっついでしょ

これでもか、ってぐらい立派です

 

で、一番高い場所から塗っていたところ、由希子が見に来ました

上がって来る様子を上から見ていると… なんか恐る恐る

 

え、うそ、これだけ立派な足場なのに、怖いのか??

お尻がキュンキュンする?

怖いらしい…

うーん、二人でペンキ塗る予定だったんだけどな

これじゃあ、無理かな…

 

+++

 

海にウォーキングに行ったら…

アスファルトを突き破って、草が生えて来てました

たくましいなぁ

2018.03.23 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

からしを混ぜる

先日のこと

 

僕が食卓で事務作業をしていると…

由希子がいきなり、悪態をつき始めました

え?

なに、なに?

どうした…??

 

見ると、どうやらからしを混ぜている模様

えっと、なんで悪態??笑

 

なんかですね、由希子曰く「からしは怒って溶け」という格言(?)があるらしく

それで悪態? 怒りながら? 混ぜたようです

 

ググってみたら、こんな記事が出てきました

「カラシは怒って溶け」と言われてきた理由は?

<省略>

実はカラシナの種子には辛味成分が存在していません。

つまり、種子や粉カラシをそのまま口にしても、香りも辛味も一切しないのです。

 

ではなぜ練りカラシは辛いのか? それは「練る」という作業によって辛味成分が生成されるから。カラシナの種子には辛味のもととなるシニグリンという成分と、それを分解する酵素が含まれています。これらは乾燥した粉カラシ中では反応しませんが、水を加えることで反応して、辛味成分のアリルイソチオシアネートが生成されるのです。この酵素は粉カラシの組織に含まれているため、水を加え、強くかき混ぜて組織を破砕するほど、酵素とシニグリンが出会う度合いが高くなり、辛味成分が多く生成されるようになります。鼻にツンとくるカラシの刺激は、こうして作られるのです。

 

日本では古来、「カラシは怒って溶け」と言われてきましたが、これは「しっかり練りなさい」という意味。強くかき混ぜるほどに組織からシニグリンと酵素が多く出て辛味が生まれることから、こんな言い方がされるようになりました。昔の人の知恵には、実はきちんとした科学的根拠があったのです。

 

ふーん、そうなんだ

っていうか、よくこんなこと知ってんなぁ驚

 

てやんでい

ちくしょうめ

このやろう

こんちくしょうめ

 

っていうか、変な怒りかた

いつから江戸っ子になったんだ笑

2018.03.21 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

[こよむ]春のめぐり→谷川王寿園フェス

今日は、お出かけして来ました

 

まずは浜松のあさのは屋さんへ

中小路さんの講座

生活科学 [こよむ] 春のめぐり 其の二:からだのめぐり

に参加して来ました

 

2月から始まった講座

毎月一回、全4回の今日は2回目

こちらの講座、毎度、中小路さんワールド全開笑

ほんとに独創的で、刺激的

気づきに満ちてます

 

今回も、味覚、体感覚に意識を向けて、食材をじっくりいただきました

いろいろな干し野菜たち

 

薄くスライスした干し大根&干し人参

ほのかに甘い&香り豊か

 

凍み大根

甘みが強くてびっくり

 

干してカラカラになったカブ

味わい深く、まるで漬物のよう

 

これも、長い間干してカラカラになった大根

これもタクアンみたい

自然発酵?

 

干して一週間満たない大根

やっぱりフレッシュな香りと味とみずみずしさが残っています

 

お芋を蒸したもの

よく味わっていただくと…

いろいろな味があるものですね

 

この日はいろいろな穀物を入れたお粥

玄米、玄麦、丸麦、もち麦、ハトムギ、高きび、黒米、赤米、もち米

だったかな

贅沢です

 

干し野菜をお椀に入れて…

 

おかゆを入れて…

おおー、滋味深くて美味しいぞ

 

季節野菜を蒸したり、漬けたり…

素材の旨みをそのままいただきます

体に入って来る「季節の自然」の香りと味わい

じっくりいただくと体が喜び、気持ちも豊かになります

 

最後に…

酵素玄米から作った甘酒

マニアックだなぁ笑

とても甘くて、喉がしびれるくらい

 

下に玄米フレークを入れて、甘酒、ちょっと豆乳、干し柿を添えて…

ふふふ、美味しそうでしょ?

やっぱり甘いものって、美味しいですね〜

みんなで「やっぱり美味しいね」ってなりました笑

 

お話も多岐にわたり、密度の濃い講座

この春のお楽しみとなってます

4月、5月にも開催されますので、ご興味ある方はぜひ

まだちょっとなら席あるんじゃないかなぁ

4/14(土)1000-1230
【晴明】野に花咲き、木々芽吹く新緑。畑に種蒔き百穀春雨を待つ。
其の三:からだのうごき
・身体感覚。みえる、きこえる、におう
・触れる、まとう衣、熱の調整
・頭胸腹。キンキン、ガンガン、ドキドキ
・からだの動き、骨、筋肉、関節
・住まい。暖と冷、日差しと風通し
・生活用品、自然素材?化学物質?
・のびのび動く
一椀一菜:玄米の土鍋炊き。絹サヤ。春土用の白いんげん。(予定)

5/19(土)1000-1230
【立夏】蛙なく畔に大豆蒔き。麦の穂ゆれはじめ衣替え。
其の四:くらしのみたて
・生活科学、自然と人と社会につむぐいのち
・衣食住、情報の選り分け、ネット社会
・見ること、見られること、人との境い目
・十年後の暮らし、何処で誰と何を
・安心して忘れて迷える世の中、齢の見通し
・一人では独りになれず、身心のご近所さんに頼る
・あの世でごきげんさん、未来の子供たちと分かち合う
一椀一菜:夏野菜の土鍋蒸し。詳細未定。

※一椀一菜:
時間や量などを計らずに、旬の食材でお料理する試み。
旬のお野菜をひと手間。見て、触れて、火を入れます。
音と香を聴き、いのちの移しかえの瞬間に立ち会います。
感性は磨かれ、できばえ次第で舌も鍛えられます(笑)。

ところ: あさのは文庫 (あさのは屋となり)
時 間 :  10時〜12時半頃
会 費: 3,000円 (1回) 単発受講可
定 員: 8名 子どもの同席可。
持ち物: お椀、取り皿、お箸、匙(木や竹)エプロン、筆記用具。
ご案内: 中小路太志

お申込みは 
店頭 電話 053-436-2313 でお願いします。

 

終わった後は、イベントへ〜

谷川王寿園さんでのイベント「あんあんど〜2018」へ

こちら、この春からオープンする新築の老人ホーム

新しくてピカピカでした〜

 

お、どっちもけいこさんだなぁ

今気がついた

 

中庭ステージでは音楽も!

老人ホームでのイベントは思えないぐらいの人数

そして、子供がわんさかいました

みんな楽しんでます

 

僕の友人も多数出店

ニーナニーノさん

僕が行った時にはすでにほぼ完売

おつかれさまでした〜

 

yahito coffeeさん

野外でドリップで淹れるのは、普段と勝手が違って大変だったと思います

 

かぁやん商店さん

完売で、のんびりしてました笑

 

居土畑ファミリー

かつよしくんが王寿園のスタッフみたいで笑える

いろんな人に「トイレどこですか?」とか聞かれたらしい笑

 

その他、お久しぶりですの方々も結構いらして

楽しく満喫させてもらいました〜

 

老人ホーム…

僕は祖父母全員、最期まで家で暮らしておりましたし、

両親も最期まで家と病院でしたので…

看病はしたことがありますが、介護には縁なくここまで来ました

人生いろいろ、試練もいろいろ… だなぁ、なんて思ったりしてました笑

 

春のイベントシーズンもいよいよ始まりましたね〜

2018.03.17 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

| 1/24PAGES | >>