在宅緩和ケア〜穏やかで、めでたい最期の迎え方〜

『なんとめでたいご臨終』

日本在宅ホスピス協会会長 小笠原文雄さんの著書

 

『穏やかな死に医療はいらない』

在宅緩和ケア医 萬田緑平さんの著書

 

+++

「在宅緩和ケア」に関しての書籍

 

我が家で(在宅)

苦痛を緩和しながら(緩和)

看護&介護する(ケア)

 

僕は両親ともに亡くした経験があるので…

書いてあること、実感を持って理解できました

涙涙です😭

 

「死」は病の延長線上ではありますが、自然なプロセスでもあります

その自然なプロセスを邪魔しなければ…

多くの人は余命宣告よりも延命し、最期まで心安らかで、穏やかに死んでいけるのだそう

 

人生最期のビッグイベントをどう迎えるか

自宅で苦痛の緩和をしつつ、死のプロセスをスムーズに経過させるのか

医療機関で最期まで治療をやり尽くし、死のプロセスに抵抗し続けるのか

この選択は、患者本人にも、看病する家族にも、決定的な違いを生む気がします

 

在宅緩和ケアをしたい人には勇気づけられる情報満載です

 

ほんとうに大切なことが、てんこもりで書いてある本

おすすめしたい気持ちでいっぱいなので、シェア!

 

どちらの書籍からも「はじめに」から引用してご紹介

++

『なんとめでたいご臨終』

 

現在75%の人が病院で死を迎えています。

しかし実際は、介護保険制度ができたことや在宅医療の質の向上によって、一人暮らしの末期がん患者さんでも「最期まで家にいたい」という願いは叶います。

好きな処を選べるのです。

 

痛みや不安がなく、朗らかに過ごしたい。

そして、清らかに旅立ち、笑顔で見送ってほしい。

それは誰もが願う、人生のめでたい最期ではないでしょうか。

 

人は一度しか死ねません。

 

「一人暮らしだから」「家族に迷惑がかかるから」と諦めている患者さんや、「介護ができない」と悩むご家族、在宅医療をまだ知らない方も、人生の選択肢を一つ増やすと思って、最後まで読んでいただければ幸いです。

 

++

『穏やかな死に医療はいらない』

 

穏やかな死に医療はいりません。

そして、穏やかな死を迎える場所として、自宅ほどふさわしい場所はありません。

 

病院は病気との戦いの場です。

今の日本において、病院で穏やかに死ぬことはかないません。

 

「お医者さんに任せていれば間違いない」

「こんなに苦しい状態で退院して自宅に戻ったら、もっとつらくなるのではないか」

「一人暮らしだから自宅で死ぬなんてあり得ない」

「家で死んだら家族に迷惑をかけるのではないか」

 

全部間違いです。

 

医師や病院に任せきりにしている限り、自分らしい最期を迎えることはできません。

そして、自分らしく死にたいと思ったら、病院を出て自宅に帰るのが一番です。

 

家族がいなくても大丈夫。

僕は自宅で穏やかな死を迎えた一人暮らしのお年寄りをたくさん知っています。

 

家族に迷惑をかけるのでは? という心配もいりません。

毎日病院に通わなくてもいいので入院していた頃よりも介護の負担が少なくなった、気持ちもずいぶん楽になった、とおっしゃるご家族がほとんどです。

 

在宅緩和ケア医に転身して五年。

この本では病院医療と在宅ケアの両方を見てきた僕だからこそ書ける終末期と死の現場についてお伝えしたいと思います。

2018.12.31 Monday  
雑話 | comments(0) | -  

餅つきしました

12/29は餅つき

 

星野さんが餅つき道具フルセットを持って、今年もやってきた🎊

今年から「もちつき協同組合」なる旗が!

いいねぇ 盛り上がるよ👍

 

 

白米餅6升+玄米餅6升の計12升

2升ずつ計6回つきました💪

 

去年から始まって、今年で2年目

去年は手探り状態でしたが…

ずいぶん手馴れてきたぞ😁

 

つきたてを…

お雑煮

あんこ餅

きなこ餅

ゴマ味噌餅

大根おろし餅

まさに餅の食べ放題

食べに食べまくりました〜😆

この写真

坊主3人雑煮をすする…

ちょっと○○みたいで笑える😆

 

残りはのし餅&鏡餅に

お土産もできて、みんな大満足〜

 

山羊のヤギちゃん(名前がヤギ😆)

ピーナッツのケンジさん連れてきた

来た瞬間から、みんなのアイドル🎉

 

ただいま2ヶ月

メィメィと鳴き、枯れ葉をモグモグ

たまにおしっこシャー、うんちポロポロ😁

かわいいよ

 

寒ーい日に火をたいて、餅を蒸して、餅ついて、お雑煮すすって、談笑して

最高ですね〜😊

楽しかった

今年も良い年末

ありがとう〜

 

そして、今日は筋肉痛です

筋肉痛、早くきて嬉しい😆

2018.12.30 Sunday  
雑話 | comments(0) | -  

餅投げ ホメオパシー サントラ カレー

THE・雑話2です

ホントどうでもいいんですけど

なんか書きたくて😁

 

+++

 

ちょっと前になるのですが…

11/16に餅投げしました

 

村の自治会の役員なるものを、去年から2年間やっておりまして

お祭りの準備やら、草刈りやら、広報の配布やら…

雑用係をやっております

 

んで、このお役「餅まき係」でもありまして

年に3回かな、お祭り等ご神事の時に餅を投げてきました

 

今回の会場は…

海岸沿いの通称「キノコ」🍄

「場所はキノコ」って言われたとき、はじめは何のことかわかりませんでしたよ

「キノコが立ってるからわかる」って言われたけど…

行ってみたら「あ、確かに、間違いなくキノコですねぇ」

すぐわかりました😆

 

今回で2年目の最後となる6回目

 

餅まくのって、妙に気持ちいいんですよね

楽しかった😁

 

+++

 

くみえさんのところで学び始めたホメオパシー講座

今回で3回目

 

ホメオパシーの概念に少しずつ馴染んできたかな

今回、先生の話を聞いて、はっとしたのは…

 目に見えるものには、目に見えるもの

 目に見えないものには、目に見えないもの

 

おお、そうか、そうね!

そう言われてみれば、そんな気がする

 

目に見えるもの

肉体 食物 ニュートン力学

 

目に見えないもの

感情 波動 量子力学

 

なんかいろいろ繋がって来たぞ〜
 

そして、星の王子さまの台詞を思い出す

「ものごとはね、心で見なくてはよく見えない。
 いちばんたいせつなことは、目に見えないんだよ」

わかるようで… わからない話

 

くみえさんのごはん付き

柿が皮ごと出てきた〜

 

くみえさんの料理は、いつも新鮮でおもしろい

ごちそうさまでした

 

+++

 

ボヘミアンラプソディのサントラ

買っちゃいました

本は値段も気にせずバカバカ買うのですが…

CDを買うの、本当に久しぶり

 

apple musicでサントラ聞いてたんですけどね

なんか全然伝わってこなくて…

むしろフラストレーション!

 

音質に満足できず「もっといい音で聴きたい!」と買ったのでした

こんなことも初めてです

 

音の質ってあるんですねぇ

伝わって来るものがまったく違う

 

でも…

CDでも映画館で感じたのに比べると、だいぶ落ちる気がする…

 

CDも音を削っているので薄っぺらい、っていうの聞いたことはありましたが…

この歳になって、ようやくちょこっとわかったのでした

 

ボヘミアンラプソディ、絶対もう一回、IMAXで見よ!

 

+++

 

僕は定期的に「カレー食べたい」発作がおきまして…

発症したので、作ってもらいました

うちのカレーはヴィーガンカレー

お肉がわりに… 厚揚げやひよこ豆が入ってます

 

今回のカレールウは、自然の味そのまんまの「玄米粉のカレールウ」

春のキャンペーンの景品で当たったのものがあったので、それを使いました

内容物をよく見ると…

これ動物性全く入ってないヴィーガン仕様なのね

 

しっかりとろみがついてて

昔、学食で食べたような食感

懐かしい感じ

 

美味しい😋

2018.11.24 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

ボヘミアン・ラプソディ

THE・雑話です😁

 

豊橋での「ワクチンのお話会」のあと…

なんか見たくなって「ボヘミアンラプソディ」見てきました

 

とても気に入っちゃって…

その3日後、由希子と一緒にレイトショー

また見に行きました😆

 

映画館で同じ映画を見るの、滅多にないなぁ

そもそも映画すら滅多に見ないし

 

我が家では、普段は音楽とかかけないのですが…

ここ最近はクイーンがかかっております

なんかね、元気でるよ💪

 

+++

 

クイーンの全盛期は1980年代ぐらいなのかな

僕はその頃はまだ小学生、中学生ぐらいなので、ちょっとかぶってないんですよね

リアルタイムでは、あまり知りませんでした

 

数年前からyoutubeでいろいろ見られるようになって…

なんかの時に、クイーンのライブエイドの映像を見て…

びっくり仰天

ヒゲ&白タンクトップのおじさんが、十数万人を一つにしてる!

なんじゃこれ?

すごいな😲

 

目が離せなくなって…

最後まで見た記憶があります

 

これが映像でクイーンを初めてみたときかな

衝撃的でした

 

実際、この時のクイーンは今でも語り継がれる伝説的なパフォーマンスだったみたい

映画のクライマックスにも使われています

 

+++

 

フレディマーキュリーも愛猫家だったらしい

家で何匹も飼っていたようです

 

僕が映画を見たあと、家に帰ると…

家の窓に、猫の姿が…

我が家の猫が出迎えてくれました

こんなこと、あんまりないんですけどね

かわいいね

 

+++

 

クイーンのフレディマーキュリー

1991年11月24日が命日(享年45歳)

楽しみ尽くして、出し切った人生だったんだろうな、と想像しています

 

おつかれさまでした

ありがとう!

 

うーん、もう一回見たいぞ

次はIMAXで見たいな😁

2018.11.21 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

ホメオパシー講座 受講しています

この秋から浜松のmeimeiさんにて開催されているホメオパシー講座に通っています

 

講師の方は望月真理子さん

ホメオパシー、昔から存在は知っていたのですが…

実はあんまり興味なかったんですよね😅

 

僕はお手当と呼ばれるもの、結構いろいろ知っておりまして

野口整体、マクロビオティック、官足法、プハン…

 

自分自身は不調になることが滅多にないので、お手当的なものは出番がない笑

人にお勧めするときも、上記のもので結構コト足りたりしてて…

ホメオパシーって薬っぽいイメージで、あんまり関心がありませんでした

(僕は薬的なものは極力使いたくない派です)

 

でも、医師の田中佳先生がホメオパシーを勉強されていることを知って、ちょっと興味を持つようになりました

そして、望月さんに会ったとき

「この人、普通じゃないなぁ」←失礼?😆

って感じて、それでホメオパシーに興味を持ちました

 

この人達が研究しているのね、っていうのは、僕にはこの上なく説得力あります

ホメオパシーって何? っていうのはググってもらえればと思いますが…

田中先生の説明だとhttp://capybara-tanaka.com/therapy/homeopathy/

 

んで

まあ、僕の仕事は常にヴァージョンアップが必要ですので…

ここでいっちょホメオパシーも学んでおこう、と一念発起

全6回の講座に通うことにしました

 

 

この講座、先月から始まったんですけど…

やっぱりめっちゃ面白い

僕には、ホメオパシーの「健康」や「病」、「生命の働き」の捉え方が、ものすごく納得いきます

僕の生命観と矛盾がない

それを見事にすっきり言語化しているところが、おおーすごいなぁ、と気持ちよい

勉強になります

 

なにごとも誰から習い始めるか、というのは大事です

はじめの一歩って、その後を決めちゃうぐらいのインパクトがあるので重要なんです

望月さんからホメオパシーのはじめの一歩の手ほどきを受けられてラッキー🎉

 

+++

 

とりあえず「体験したいな」と思い、ホメオパシーのレメディ基本セットを購入しました

僕、不調ないから飲む機会少なそうだけど😆

何かあったら試してみたい〜

何がなくとも試してみようかしら

 

+++

 

講座が終わったあとは、meimei主宰久美恵さんのごはん付き

このフライ、何だと思います?

これね、カキフライ

牡蛎じゃなくて柿です

柿フライ!

そのとなりはマコモを生で!

面白ーい😁

 

講座のあとの食事って、うれしいですよね😊

ごちそうさまでした〜

2018.10.23 Tuesday  
雑話 | comments(0) | -  

前立腺の友 柿の収穫 二川宿本陣

金曜日は「豊橋有機農業の会」の朝市の日

この日はMEGURIYAにとって大事な買い出しの日

 

ふだんは由希子だけが行くのですが…

今回は僕もついていきました

 

ってことで…

本当にどうでもいい、よもやま話です笑

 

+++

 

前立腺の友

女の人は、この商品知らないんですよね

この商品…

まあるいお皿の男性用トイレの小便器の前に、ポップが張ってあるんですね

用を足していると、否が応でも目につく笑

「山田店にある」って書いてあるので、いつか本物みたいなと思ってました

 

探してもなかなか見つからなかったのですが…

あった!🎊

お酒売り場コーナーにひっそりと? 割と派手に? ありました

見つかって喜ぶ僕

 

原材料は米麹、玄米、麦芽

シンプルです

発酵飲料なので「前立腺+お腹にもいいよ」的な商品?

 

味は…

みりんと黒酢を混ぜて薄めた感じ

美味しい😋って感じる人と、

うぇー😝って感じる人と、

わかれるんじゃないかな〜

 

+++

 

友人宅に柿をもらいに行く

 

高枝切り鋏を借りて収穫

おおー、なるほどー

柿を切っても落ちないのね、便利だなぁ

 

柿好きな由希子、大喜び🎉

テンション上がっている様子

僕はこういうの、特に… なんですよね😑

なので、眺めている&たまに手伝う


たくさんいただいて来ました

干し柿にしますー

 

+++

 

二川宿本陣

初めていきました

 

本陣って大名の参勤交代時のお宿なのね

初めて知りました😅

 

諸大名の力を弱めるのが参勤交代の主目的だとか…

幕府の支配維持のための手口

古今東西どこもかしこも悪知恵はホント発達するなぁ、と苦笑い

 

ただ、参勤交代で文化は発展したんですよね

なにごとも表と裏だなと

 

かまど? おくど?

ここで薪を焚いて煮炊きしたんですよね

興味津々

人間の「美味しく食べたい欲」って、ほんと強いなと

料理と文化は繋がってますねー

 

当時の旅籠(一般客用の宿)の食事

結構豪華ですね

うちの晩御飯より豪華です😆

 

着物ご自由にどうぞコーナーがあったので…

着物遊び

ちょんまげ発見

武士風です

ちょんまげって何なんだろうね?

 

こちらは庶民? 足軽?

これで一日何十キロも歩いたんだよなぁ

 

由希子も負けじと…

謎のかぶり物をつけて

他に誰も見学者がいなかったのでね

思う存分、ふざけました😄

 

日本家屋ってかっこいいなと改めて感じました

なんか落ち着くし

民族のDNAでしょうか

2018.10.20 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

お祭り

今日は神社でお祭り

 

僕は去年から今年の二年間、瀬古長(15戸ほどの代表)という村のお役についています

瀬古長の仕事は、配りものしたり、草刈りしたり、お祭り出たり、運動会出たり…

ようは2年交代の雑用係です笑

 

このお役目で神事に参列してきました

こちらの八幡社の建物の中に、お社? みたいのが二つあるんですね

(写真撮りたかったけど…

 さすがに気が引けたので、やめました)

 

中にあるお社、通常は扉が閉まっているのですが…

このお祭りの時だけ、扉を開きます

扉を開けて、お供え物をして、玉串をお供えします

 

んで

祝詞をあげて、お祓いして、いよいよ扉を開けるのですが…

これがね、怖いのよ😂

 

まず巫女さんの声が怖い

扉を開けるときに、巫女さんが

「ぉぉぉおおおおおおー!」

って唸るんですよ

女の人の低音のうなり声、怖いです笑


あと、エネルギーがね、ぐわっとするんですよ

目には見えないけど、なんかを感じるんですよ

怖いでしょ笑

 

僕らはすっかり鈍くなっちゃってわかりにくくなってるけど…

守護してくれているエネルギー体がいるんだなって、感じます

 

神事は30分ぐらいかな

一つ一つが興味津々

お作法の全てに意味があるんだろうな

とっても面白い

 

+++

 

村の代表者が、ここで感謝を捧げ、祓われて…

そこから餅投げ🎉

 

もち投げ10時45分からなんですけどね

もうね、みんなね、楽しみなんだな

↑早い人なんかは9時半ぐらいから来てるんだもの😁

 

さて本番

今日はあいにくの雨でしたが…

たくさんの人がきてました〜

もち投げ、僕は餅を投げる側

投げ始めると…

 

皆さんが声をかけて来ます

「加藤くん、こっちね!」

「おーい、そこの子、よろしく〜!」

そこの子って僕のこと?笑

40過ぎてますよ

おばば達からすれば、子供なのね笑

 

みんな雨の中、マナーを守りつつも、がっつり拾っていきます

楽しいな〜😁

 

+++

 

お祭りを通して

代表者が氏神様に感謝し、自然に感謝し、実りに感謝する

そして、村人全員で収穫を祝い、餅投げ等でがっつり楽しむ

 

大切なことは、ずっと続けていくことが大事

ずっと続けていくためには…

忍耐や我慢では続きません

そこに楽しさがあると、やりたくなって続けられます

日本のお祭りって、よくできた仕組みだなぁ、と感心します

 

地域の守り神を大切にするって、やっぱり大切

目に見えないけど、私たちはたくさんの存在から

サポート受け、守られ、支えられています

 

こうやって一年に一回、うやうやしく、ちゃんとお礼をする

日本のいい文化だな、と改めて思ったのでした

2018.10.15 Monday  
雑話 | comments(0) | -  

チネイザン講座@ベジカフェロータス

今日はロータスさんで開催されたチネイザン講座に出席してきました

 

チネイザンって何?

って感じですよね

 

チネイザンはタイのデトックスマッサージ

「チネイザン」、漢字で書くと「気内臓」

肉体的に言うと… 内臓をもんで、たまった老廃物を流し出します

エネルギー的に言うと… 内臓にたまった「気」を本来の状態に戻していく

そんなマッサージです

 

+++

 

内臓っていろいろありますよね

心臓、腎臓、肺、膵臓、肝臓…

実は臓器と感情って密接に関係しています

 

例えば…

肝臓が疲れてくると、イライラしやすくなります

逆に、イライラすると肝臓を痛めます

 

怖がりの人は腎が疲れていることが多い

逆に言えば、腎が痛んでいると怖がりになります

 

臓器と感情ってつながっています

 

+++

 

感情って目に見えないので、わかりにくいですが…

いやなことがあると、内臓に「気」としてたまります

現象としては、気が滞るとおなか固くなります

 

怒りをためると、肝臓が固くなり…

忙しすぎると、みぞおちが固くなり…

心配事がたまると、胃が固くなり…

 

しっかりたまります

おなかは正直

なので、おなかをさわられるのは、本当はとても恥ずかしい笑

わかる人がさわれば、健康状態から心理状態まで、ぜーんぶモロバレですから

 

+++

 

んで、チネイザンは、内臓をもむのですが…

肝臓をもめば、もちろん肝臓が解きほぐれます

それは同時に、感情も解きほぐれることにつながります

 

肝臓をもむことは…

自分にたまった怒りの感情を

 認め、緩ませ、解放し…

本来の自分の状態へと戻っていきます

 

+++

 

今日は「セルフチネイザン講座」

自分で自分のおなかをもむ方法を習いました

 

これね、やってみると…

たまったエネルギーが流れていくんですね

緩んで、呼吸が深くなって、リラックスしていくのがわかります

おおー、なんか解放された感覚だぞ〜

とっても面白い

 

今日、yuki先生がおっしゃっていたこと

「自分を癒やすことができるのは、自分です」

自分のおなかを固くするのも、柔らかくするのも、自分の選択なんですよね

 

固くなったら、自分でも解きほぐすことができる

おなか柔らかになると、感情も柔らかに…

人生もきっと柔らかになりますね

 

+++

 

yuki先生と記念撮影

yuki先生はマクロビオティックも実践されてますし…

お肌とか雰囲気とか、そんじょそこらではお目にかかれないほどピカピカでしたよ〜

チネイザンの実践を通して、ご自身本来の力を遺憾なく発揮されているんでしょうね

 

yuki先生のチネイザン講座、ロータスさんで来年も開催予定だそうです

やったね〜

僕も日程が合えば… また参加したいな〜

 

+++

 

今日の講座はロータスさんのランチ付き

ベジハンバーグ、本物を超えてます笑

どれも、めっちゃ美味しかった

 

10/21までのメニューです〜

http://blog.livedoor.jp/vegecafe_lotus/archives/52530797.html

レッツゴー!

2018.10.13 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

どんな最期を迎えたい?

なんか重たい題名になっちゃいましたが💦

気楽に書いてます

 

ちょっと前ですが…

こんな動画を見つけました

 

 

近藤誠医師との合同公演会なのかな

萬田緑平さんは群馬県前橋市で緩和ケアの診療所をされているお医者さん

緩和ケア 萬田診療所 http://www.kanwamanda.com

 

50分ちょっとあるので、ちょっと長いのですが…

是非ご覧になっていただきたい動画

 

引き込まれますので、退屈する等の苦痛はまずないと思います

あっという間に終わります

 

+++

 

どういう最期を迎えたいのか

家族…

そして、自分…

 

人間、必ず死にますよね

わかっているようで、忘れていること

いつかは死ぬって知ってはいるけど…

その日が来るとは、本当のところは思っていなかったりします

でも、確実にやって来ます

 

僕は両祖父母、両親ともに亡くしておりますので…

「人が死ぬ」ということは、歳の割には実感があります

でも、まあ、普段はやっぱり忘れてますね😅

 

+++

 

「死を想う」ということを、ネガティブなことだと僕は思っていません

「死と生」は「表と裏」、一つです

私たちは、常に生きながら死につつあります

 

「旅立ちと誕生」も表と裏、「あの世とこの世を行ったり来たり」、です

死を想う=生を想う

よりよく死にたい=よりよく生きたい

直結すると思っています

 

あの世に行く直前の「死に際の状態」って大事です

「楽しい&充実した人生だった」と思ってあちらに行くのか

「つまらない&なんの挑戦のない人生だった」と思ってあちらに行くのか

あちらでどんな状態になるのか、死に際のバイブレーションで決まります

 

生きているうちに天国にいくこと

元気に寿命を生き切ること

僕のモットーです

 

+++

 

現代日本は、医療介入が盛ん

それこそ揺り籠から墓場まで付いて回ります

 

自分、そして家族は、どこまで医療に介入して欲しいのか

元気なうちに決めておきたいテーマです

気分よくあちらに旅立つこと、旅立たせてあげること、本当に大事です

 

動画を見て、ご自身の想いを感じてみて下さい

2018.10.12 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

ICEMAN

田原の豊川堂で、こんな本を見つけました

The way of  the ICEMAN

サンマーク出版

笑顔で氷漬けになっているおじさん

なんだこれ??

 

中をパラパラと見ると…

どうやら訓練によって体内の熱産生を増加させるとのこと

熱を生む力を極限まで高めると、氷水でも耐えられる状態になるらしい

 

基本的には、普通の人は自律神経をコントロールすることはできないと言われています

しかし、このヴィム・ホフ(Wim Hof)なる人物は、自在にあやつるという

 

この人のワークショップによって、世界中にICEHUMANが誕生したらしい

氷のような水中だと、普通の人ならあっという間に死んでしまうのに…

そこかしこで、厳寒の川や湖で泳ぐ人がたくさんいるという

 

+++

 

「不食の人」はものを食べずに生きることができるという

この秋山佳胤氏は、飲まず食わずで何年も生きている

ブレサリアン 呼吸で食べる人

世界中に何万人もいるらしい

 

こちらも訓練によって食の量を落としていく

心の使い方等にもコツがあるようだが、行き着く人は食べなくてもすむようになる

空気中にあるエネルギーを摂取して生きるとのこと

これもジャスムヒーンという人が「食べないでも生きられる」と示したことから、世界中で広がっていった

 

+++

 

ICEMANも、不食の人も、どちらも我慢がしたくてこんなことをしているのではなさそうだ

訓練=苦行 のようだけど…

実にワクワクしながら楽しげにチャレンジしているように見える

ブレイクスルーした人と遭遇すると、自分にも限界がないことを知る

あとは、ただ、自分もやってみたいかどうか、体験への欲だけだ

 

人間はトレーニングによって、どこまでも限界をこえていく

温めなくてもいい、食べなくてもいい

衣食住からすらも、縛られていない

常識を越えて、どこまでも自由だ

 

インドの山奥に聖者がいるって話…

きっと本当なんだろうな笑

 

追記

僕は氷漬けも不食も、いまのところは体験できなくていいです

ごはん大好き、お風呂大好きですから〜笑

ちょっと面白いのでシェア、ってぐらいの話です😁

2018.10.03 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

| 1/25PAGES | >>