藍の生葉染め

ご縁あって藍の生葉をいただきました

ってことで…

初の草木染めの挑戦!

 

藍染めはいろいろな染め方があるようですが…

今回は最も手軽な「生葉のみ」でやってみました

 

以下、写真説明

 

藍の葉っぱをちぎる

IMG_2675.JPG

一枚一枚、外していくのですが…

この作業、かなり時間かかります

根気がいりますね〜

 

水で洗います

IMG_2677.JPG

 

沸騰した湯に洗った葉を入れて、10分煮出します

IMG_2679.JPG

 

煮出し終わったら、布で漉します

IMG_2682.JPG

 

漉し終わったもの

IMG_2683.JPG

この段階では茶色いですね

40度ぐらいまで冷まします

このままだと染まりません

ここに生葉の酵素を入れます

 

生葉と水をミキサーにかける

IMG_2685.JPG

ミキサーにかけた青汁を漉します

生葉から抽出した酵素を煮出液に混ぜることで染色液が完成

 

今回染めるもの

IMG_2687.JPG

これの素材はシルク&ウール

 

染色液につけて、色をつける

IMG_2688.JPG

 

染色液が青くなってますね

IMG_2689.JPG

 

染まってきました

IMG_2690.JPG

20分ほど浸けたら染め終わり

 

ぬるま湯ですすぎます

IMG_2694.JPG

洗濯機で30秒脱水して

 

干します

IMG_2695.JPG

結構しっかり染まりました

干した靴下、よく染まったのはシルク、あまり染まってないのは綿です

 

藍の生葉での染色は、動物性の繊維(シルクやウールなど)ならよく染まります

植物性の繊維(綿、麻など)はあまり染まりません

 

手も動物性なので…

IMG_2697.JPG

よく染まる笑

 

乾いたもの

藍染のうすい色は「はなだ色」というようです

綺麗な色ですね

 

藍の生葉だけで染めたので、ノンケミカルとなりました

それでこれだけ染まるんだから、すごいなと思います

 

由希子、葉っぱを取っている時は「これは大変だなぁ〜」と言ってましたが…

作業が終わる頃には「これは面白いねぇ」という感想

 

昔の人は糸を紡いで織るところから手作業なので、膨大な作業だったろうと思います

2017.10.06 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

醸造蔵巡りツアー その3

すっかり遅れましたが…

かぁやん商店さんプレゼンツの醸造蔵巡りツアー

その1その2の続きです

 

この企画から、バタバタとしているうちに一ヶ月半ぐらい経っちゃったかな

薄れた記憶を頼りに…汗

 

最後に伺ったのは、たまり醤油&豆味噌の「南蔵」さん

南蔵さんの歴史は、明治5年(1872年)創業とのことなので…150年弱ぐらい

すごいですね

 

この日案内してくれたのは、6代目の青木良之さん

(南蔵さんは5代目のお父さんが現役バリバリ)

お父さん(5代目)のお名前は弥右衛門さん

弥右衛門は初代から代々引き継いできた名前

 

良之さん(6代目)が小学生の時…

お父さんも良夫さんから弥右衛門さんに改名されたそうです

戸籍も変えて、本名となるんだとか

(今は世継ぎでの戸籍改名は難しいとのこと。昔から代々と名を繋いできたので、できるそうです)

 

良之さんも、そのうち弥右衛門の名を引き継いでいかれるんでしょうね


+++

 

たまり醤油は

 大豆

 塩

 水

だけで作るお醤油

(通常の醤油は小麦も使います)

通常の醤油に比べアミノ酸が多くなり、旨み濃厚な醤油になります

 

作り方はこんな感じ(南蔵さんのHPから拝借)

 

 

大豆を洗って浸水→蒸します

これが蒸し器

 

こちらが発酵させる室(むろ)

ここでの作業&出来が最も大事とおっしゃってました

南蔵さんのHPから拝借

室(むろ)に入れ、麹の温度を32〜33℃に保ち、3日〜4日間、目で見て、匂いをかいで、手触りを確かめながら麹の出来上がりを待ちます。3年後の味がここで決まってしまうので、もっとも神経をつかいます。この作業は2月下旬〜4月の寒い時期に行います。

 

室から出した豆麹を大きな杉樽に詰め、醸造します

この企画8月下旬のツアーでしたので、まだまだ暑い盛り

よしくん、半裸笑

樽の大きさがわかります

 

南蔵さんには、木の樽が80〜90本あるそうです

もともとはこれほどはなかったようですが、周りの醸造蔵が廃業する時に譲り受けていくうちに、今の本数になっていったとか

 

木の樽は使い続けることで長持ちするんだとか

使わなくなると、乾燥してサイズが縮み、たがが緩んで使えなくなる…

ただの水を入れていると、腐っていく…

塩分と水分のあるたまり醤油&豆味噌を仕込んでいるので、ずっと使えているんだそうです

 

樽職人がほぼいなくなりつつある近頃、木の樽は非常に貴重なものになっています

 

製造工程8番の「汲掛け」

「十水とみず」と呼ばれる濃度が薄いものは、空気を送って攪拌します

 

「五分仕込み」と呼ばれる濃いものは、これではできないそうで…

大きな柄杓で菅の中からすくい上げて…

すくってはかけ、すくってはかけと、手作業

仕込み初期の頃(一ヶ月〜)は、この汲掛けを毎日行うそうです

一樽15分ぐらいかかるとのことで、これが何樽もあるかと思うと…

 

たまり醤油は大豆だけなので発酵に時間がかかり、醸造期間は二夏を越えます

長い年月、杉樽の中でじっくり発酵していきます

 

発酵が終わったものがこちら

味見させてもらいました

しっとりした豆味噌、って感じ

旨みが濃い! 美味しかったです

 

これを袋に詰めて、ゆっくりプレスをかけていき、醤油を絞っていきます

急いで絞ると袋が破けたりしてダメだそうで、じっくりゆっくり絞るそうです

 

こうして出来上がる「たまり醤油」

左から順に

つれそい:国産丸大豆+天日塩(外国産) 五分仕込み 540円

なじみ:国産丸大豆+天日塩(外国産) 十水仕込み 360円

わらべうた(ぎん):国産丸大豆+海の精  五分仕込み 生引(きびき)720円

原材料、濃さ、絞り段階によってグレードが変わります

上記のものはすべて200ml

お得な900ml入りもあります

 

ちなみに…

南蔵さんでは「国産有機丸大豆+海の精」というたまり醤油も生産してます

が、こちらの製品はすべて海外輸出向けだとか…

国産有機丸大豆使用だと、超高級品になるので国内だと需要がないそうです

海外の貴族、マニアが求めるのかな…?

 

醤油は製造工程で大量の絞りかす&大豆油が発生します

それらは別の用途に使われますが、醤油には不要なもの

そう知ると…

醤油は旨みだけを抽出したもの

とっても贅沢な調味料ですね

 

こちらは豆味噌の仕込み

腐敗を防ぐために、重石をすることで水分を上に浮かせるんだそうです

 

いわゆる八丁味噌は、この重石を山のように積み上げます

こんな感じ(岡崎市観光公式サイトより)

それに対し、南蔵さんは軽め

出来上がりの味噌も、その分しっとり柔らかに仕上がります

 

「重石が乗っている豆味噌を撮ってる僕」の写真 笑

 

南蔵さんのお話で印象深かったことがあります

それは、たまり醤油の消費者は海外の人が多い、ということ

 

日本人はみんな濃口醤油を使っているので、わざわざたまり醤油を買う人は少ないのかな

また、たまり醤油は小麦を使っていないのでグルテンフリー

海外ではグルテンフリーが日本よりも盛んなので、そのあたりも関係があるのかな

 

製造工程、製造現場、製造されている方々を見ると、意識が変わりますね

ありがたいなぁ、という気持ちが自然と湧いてきます

 

+++

 

企画してくださったかぁやん商店さん、一緒に行った方々、見学させてくれた方々

ありがとうございました

貴重な、そして、楽しい、美味しい1日でした

いろいろなところに、また行きたいな

 

発酵ツアーレポート、以上です〜

 

+++

 

【各種クラス 2017年秋冬講座】募集開始しました
リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 中級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 上級クラス

雑穀料理教室
ベジスイーツクラス ファーストクラス
ベジスイーツクラス セカンドクラス
暮らしの教室

 

【スペシャルイベント】

11/3~5 共感的コミュニケーション合宿

 

【映画上映会 MEGURIYA cinemo】

・10/27『ハッピーリトルアイランド』@ベジカフェロータス


【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

2017年4月〜2017年9月のスケジュール

2017年10月〜2018年3月のスケジュール

連絡先、地図、アクセス


MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2017.10.05 Thursday  
雑話 | comments(0) | -  

醸造蔵巡りツアー その2

かぁやん商店さんプレゼンツの醸造蔵巡りツアー

その1の続きです

 

しろたまりの日東醸造さんを出た頃にはお昼時

お腹も空きました〜

 

ってことで、お楽しみのランチです!

とぉやんに連れて行ってもらったのは…

農家れすとらん葉菜の舎」さん

こちらのコンセプトは…

葉菜の舎は、地産地消にこだわった身体に優しくおいしいお料理が自慢です!
地のものを地の人が料理して地の人が味わう・・・地産地消がお店の大切なテーマです。
地産地消をすすめることで、たくさんの「イイコト」があります。

  • 地元でつくられた新鮮な農林水産物が食べられます!
  • 生産者さんの顔が見えるから、安全で安心!
  • 地元でつくられたものを地元で消費すると⇒地域経済の活性化につながります!
  • 地域の伝統的な食材や料理を見つめ直し、受け継がれていくことにつながります!
  • 輸送にかかるコストや燃料が減り、環境に優しい取り組みになります!

当店では、里芋や人参、玉ねぎなどを自家菜園で育てている他、茄子やほうれん草などを地元農家さんから直接仕入れています。地場で食べる新鮮野菜の美味しさを再発見しに来ませんか?

素敵です!

 

バイキング形式で、お料理の種類もいっぱい♪

 

盛り付けてきました

バイキングだと、つい食べ過ぎちゃいます汗

 

でも、今日は醸造蔵巡り

食べ過ぎてぼーっとしたら、もったいない…

「食べ過ぎないように」と自分に言い聞かせ、セーブしました笑

 

お腹を美味しく満たした後は…

 

角谷文治郎商店さん

言わずと知れた、「三河みりん」をつくってらっしゃいます

 

いつかは見学したいと思っていたんですよね

嬉しいなぁ

 

みりんの製造工程を見せていただきました

 

まず、もち米を洗って、大きな大きな蒸し器で蒸します

4段重ねかな

 

蒸し上がったら、ここに米麹、米焼酎を加えて…

 

タンクに入れて醸造します

こちらでは原料となる米麹も米焼酎も自社生産!

こだわり度が徹底的 ハンパないです

 

こちらがもろみの写真

蒸したもち米+うるち米の米麹+米焼酎

 

この状態で2ヶ月から3ヶ月、発酵させます

作り方は甘酒と似てますね

甘酒は

うるち米+米麹+水

発酵温度は高温 一晩で完成です

 

みりんは

もち米+米麹+焼酎

発酵温度は常温

みりんは焼酎入りで発酵させるので、発酵がゆっくり

ゆっくり発酵する間にタンパク質がアミノ酸に分解され、旨味が増していきます

(甘酒だと2ヶ月も発酵させたら別のものになってしまいます)

 

発酵期間が終わったら、袋に詰めてプレス

搾ります

 

こんな機械でギューっと…

ちなみにこの部屋はクリーンルーム

夏場は涼しくて快適だそうです笑

(ただし、搾る作業は袋詰めが重いらしく、重労働らしいです)

 

搾った後のみりん

すぐには製品になりません

これをまたタンクに入れて、一年以上熟成させて、ようやく完成となります

この一年間熟成させているときに、あのみりん特有の琥珀色になるそうです

そして、寝かせている間に、旨味がより増すんだそうです

 

とはいえ、みりんは寝かせば寝かすほど美味しくなる、というものではないらしい

長期熟成=美味しい ではない、とのこと

熟成期間によって「旨味と甘味のバランスが変わる」んだとか

 

角谷文治郎商店さんでは「ベストのバランスは一年間ぐらい」ということのようです

メーカーごとに熟成期間で個性を出している、とのことで、メーカーによっては3年熟成とかもあるそうです

 

出来上がったみりんを、瓶詰めして…

しっかり検品して…

 

ラベルを貼って…

 

ようやく完成!

一年3ヶ月以上かけて、やっと製品になりました

ありがたいものですね

 

こちらが製造工程を図にしたもの

 

余談ですが…

僕知らなかったのですが、一升瓶ってそのままリサイクルするんですね

こちらにも使用済み一升瓶が山積みになっていて

 

それをラベル剥がし&洗浄機でピカピカにして、

そこに充填していました

 

そうなんだ〜

どこかに集めて、まとめて溶かして、また成形して、ってやってるのかなと妄想してました

 

一升瓶は使い終わったものを、そのまんまリサイクルしてるんだなぁ

えらいエコですね

これからは一升瓶で買えるものは、積極的に一升瓶で使っていこうかな

 

角谷文治郎商店さんでは、「もち米一升、みりん一升」という割合で製品を作られています

一番手前の瓶にもち米が詰まっています

イメージですね

ちまたのみりんとは、原材料の濃さがまったく違います

 

「みりん風」になると…

旨味も甘みも足りないので、安価な化学調味料やら甘味料やらが添加される…

そのため製品も安価ですが、もうすっかり別物です

 

飲み比べれば、その差は歴然

角谷文治郎さんの三河みりんは、飲んでも美味しい

みりん風は不味くて、そのままでは飲めたもんじゃありません…

 

参考資料

秋川牧園

https://www.akikawabokuen.com/mirin_mirinfu/

 

この日、テイスティングさせてくださいました

 

もろみ(もち米+米麹+焼酎)の味見

う〜ん、美味しい

そして、濃いなぁ!

これ、ばくばくっと食べたら、酔っ払うな

 

その後もテイスティング

通常品と有機品の飲み比べ

これね、飲み比べるとわかるんですけど…

有機の方が美味しいです

しかも、ちょっと美味しいかな、とかいうレベルじゃなくて…

こんなに違うんだ、という新鮮な驚き

今まで通常品を使ってましたが…

これからは有機にしよう笑

 

僕らの屋号はorganic & macrobiotique MEGURIYA

やっぱりオーガニックを使っていこう、と改めて思ったのでした

僕らもいっぺんには変えられなくてね…

少しずつ、一個一個、変えていってます

 

さて、今回はここまで

次回が最終回、たまり醤油の南蔵さんのレポートになります

 

その3

 

+++

【各種クラス 2017年秋冬講座】募集開始しました
リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 中級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 上級クラス

雑穀料理教室
ベジスイーツクラス ファーストクラス
ベジスイーツクラス セカンドクラス
暮らしの教室

 

【スペシャルイベント】

11/3~5 共感的コミュニケーション合宿

 

【映画上映会 MEGURIYA cinemo】

・10/27『ハッピーリトルアイランド』@ベジカフェロータス

・11/9&11『ヴィック・ムニーズ〜ごみアートの奇跡〜


【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

2017年4月〜2017年9月のスケジュール

2017年10月〜2018年3月のスケジュール

連絡先、地図、アクセス


MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2017.09.09 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

醸造蔵巡りツアー その1

すっかり遅くなっちゃいましたが

先日参加した「愛知の醸造蔵巡り」レポートです〜

 

この手の企画に以前から行きたいなぁ、と思っておりまして

かぁやん商店の健司さん(とぉやん)に「ツアーやって欲しい〜」となんとなくリクエストしていました笑

先日ひょんなことから、具体的な話になっていき、実現となりました!

 

皆さんも、興味あったらとぉやんに「やって欲しい」とお願いしたら実現するかもしれませんよ〜

 

+++

 

今日のツアーで訪れる蔵は3カ所

 白醤油の日東醸造さん

 みりんの角谷文治郎商店さん

 たまり醤油の南蔵さん

 

一番初めに日東醸造さんに伺いました

こちらでは白醤油を作っておられます

社長さんがご案内してくださいました

 

+++

 

社長さんからまず聞かせていただいたお話が

「碧南から三河地方にかけて、なぜ発酵文化が花開いたのか」

この地域では発酵食の生産が盛んでした

主な生産品は6つ

豆味噌、たまり醤油、みりん、酒、酢、白醤油

 

なぜ栄えたか… それは江戸時代まで遡ります

江戸は武士が多く、食料生産する農民は少ない大消費都市

その江戸へ酒やらなんやらを大阪から船で運んでいたそうです

 

大阪から江戸まで行く航路の途中で、必ず知多半島、碧南地域に留まる

そのうち

「この辺でも生産して、江戸で売ったらいいじゃん!」

ということで、発酵食の大生産地になっていったとか

 

矢作川流域で原材料を栽培し、醸造加工して、船で江戸に運んで売る

これで三河地方は大儲け

 

時代劇でおきまりのセリフ「三河屋、おぬしも悪だろう」はこの辺りから来ているのかな笑

 

+++

 

さて、醤油の話

 

醤油の原料は通常は

大豆+小麦+塩+水

で作られます

 

醤油の種類によって、大豆と小麦の割合が変わります

 普通の醤油(濃口醤油) 大豆50%小麦50%

 たまり醤油は小麦不使用 大豆100%小麦0%

 白醤油はほとんど小麦  大豆5%小麦95%

 

たまり醤油は大豆が多いので色が濃く、旨味濃厚

白醤油は大豆が少ないので色が薄く、あっさり

 

どちらが良い、ということではなく、お料理に合わせて使い分けます

しっかり旨味を足したいときはたまり醤油

色をつけたくない時、出汁の味を引き出したいときは白醤油

 

で…

通常の白醤油は大豆が少量入るらしいのですが…

こちらの日東醸造さんの白醤油は、大豆完全不使用

大豆0%小麦100%

で作っておられます

 

醤油って大豆を使っていないと法律的に「醤油」って言っちゃいけないんだそうです

こちらの白醤油は大豆を使っていないので、「白醤油」という名称を使えない…

なので「しろたまり」という商品名になっています

「しろたまり」誕生のお話を聞かせていただきました

こだわりの白たまり…

紆余曲折、様々な困難を乗り越えての商品化…

素敵なお話でした

僕がここで全部を書いちゃうとつまんないので、ぜひ社長さんから直に聞いてみて下さいね

心に響くお話です

 

さて、写真紹介

 

今日僕らが見学したものは大豆も少量入っている「白醤油」

少量の大豆(豆麹)+小麦(小麦麹)+塩+水を樽に入れ3ヶ月で完成

 

麹は一回目の仕込みのときは搾らず、そのまま二回目の仕込みに使うそうです

(白醤油を作れるだけの力も旨味も、まだ麹が持っているので)

2回目の仕込みが終わったら、圧搾します

 

ごっつい機械でプレスして搾る!

 

こちらが絞ったあと

 

みんなで記念写真〜

 

いやあ、楽しかった

そして、勉強になりました〜

ありがとうございました

 

次の場所へ移動です

 

今宵はここまで〜

その2はこちら

(その3はこちら

+++

【各種クラス 2017年秋冬講座】募集開始しました
リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 中級クラス
リマ・クッキングスクール東三河校 上級クラス

雑穀料理教室
ベジスイーツクラス ファーストクラス
ベジスイーツクラス セカンドクラス
暮らしの教室

 

【スペシャルイベント】

11/3~5 共感的コミュニケーション合宿

 

【映画上映会 MEGURIYA cinemo】

・10/27『ハッピーリトルアイランド』@ベジカフェロータス

・11/9&11『ヴィック・ムニーズ〜ごみアートの奇跡〜


【MEGURIYAに関して】

ごあいさつ加藤万晴加藤由希子

2017年4月〜2017年9月のスケジュール

2017年10月〜2018年3月のスケジュール

連絡先、地図、アクセス


MEGURIYA cafeは2014年3月末で閉店いたしました

2017.09.05 Tuesday  
雑話 | comments(0) | -  

ひらりんとゆかいなんと愉快な仲間たち

昨日は山の日

 

+++

 

去年のこの日、平野利依さんを囲む会

「ひらりんとゆかいな仲間たち」

が開催されました

癌の末期だった平野さんの生前葬でした

200人以上の方が出席、華山会館で盛大に行われました

多くの方たちが会を盛り上げ、平野さんの人徳を実感する素晴らしい会でした

 

平野さん、それから1週間後の8/20に息を引き取られました

多くの人に愛情を注いだ平野さん

僕らもそのうちの一人

大切な方が亡くなりました

 

+++

 

今日は第2回目の「ひらりんとゆかいな仲間たち」

MEGURIYAとして、お茶菓子のオーダーを頂いたので、張り切って作りました

5種類のクッキー盛り合わせ50セット

 

 

1年経っても50人集まるって本当にすごいなと思います

 

みんなで集まって、平野さんが好きだった思い出の歌を歌いました

利依さんを偲びました

 

歌っていると波が押し寄せるように涙が溢れてきます

何かを思い出す、などの脈絡は全くなく…

いきなりボロボロと溢れて来る涙

自分でも不思議でした

 

会が終わったあと、畔柳さんに

「あ、それは大きな愛に包まれたからですよ」

と言われました

 

ああ、そうか

平野さんの大きな愛に反応してたのか…

僕の奥深いところに響いたんでしょうね

平野さんを僕らは見えないけど、変わらず存在しているんだなと

愛を送っているんだなと

本当にすごいな、平野さんは

 

+++

 

いい日でした

明日からお盆ですね

父母、祖父母、先祖代々の霊たち

いつも見守ってくれていることに感謝したいと思います

2017.08.12 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

未来の仕事のあり方を語り合おう レポート

22日に行われた

未来の仕事のあり方を語り合おう〜資本主義の向こう側〜

のフォトレポート

 

DSC_9184.jpg

貊村の啞樵さんと由美子さん

 

オリーブオイルの話、資本主義の話から、

教育の話、人生の話、意識の殻の話まで

多岐にわたる含蓄深いお話

 

貊村の発足からオリーブオイルの販売に至るお話はこちら

お時間あるときに、ぜひご覧ください

 

お料理が出来たので、食事タイム〜

DSC_9202.jpg

貊村のオリーブオイル「グリーンれなり」をふんだんに使った料理

イメージはスペイン〜!

パンは穂浪さんのhonamiパン

毎度ありがとうございます〜

 

DSC_9196.jpg

大根と夏ミカンのマリネサラダ

 

DSC_9194.jpg

バジルのジェノベーゼ

 

DSC_9198.jpg

焼きなすとトマトとひえのパスタ 柚子こしょう風味

 

DSC_9203.jpg

ベジパエリア

 

DSC_9207.jpg

盛り付けました

美味しそうでしょ?

 

デザートは…

DSC_9212.jpg

豆乳のクレメダンジュ

水切りした豆乳ヨーグルトにトマトのジャムとれなりをかけたもの

 

6時から始まった会、お話は多岐にわたりました

そして盛り上がり、あっという間に9時に…

 

その後も「残れる方は語り合いましょう」ということで、11時ぐらいまでやってたかなぁ

 

心の奥に響くお話、美味しいごはん、楽しい会話…

いい夜でした

2017.07.27 Thursday  
雑話 | comments(0) | -  

暮らしの教室@豊橋 うさと展二日目 ルミオン

金曜日は忙しい日、朝からバタバタしていました

 

由希子は豊橋有機農業の会主催の朝市に買い出し

僕は豊橋にて暮らしの教室

MEGURIYAではうさと展&鈴木彩さんのカフェ

 

+++

 

暮らしの教室@豊橋、今回で全6回のうちの4回目

後半に入りました

 

今日のテーマは「お金の仕組みについて」

お金の仕組みを知ると、いろいろな謎が解けていきます

 

  • 貨幣の歴史
  • お金の生まれ方(信用創造)
  • 利子によって生ずること
  • 中央銀行システム
  • ピラミッド型の階層構造

 

このあたりのことがわかると、

  • 経済格差が生まれる理由
  • 戦争が亡くならに理由
  • グローバリゼーションとは?
  • なぜ発展途上国はいつまでも貧しいのか

等がすっきり理解できてきます

 

お金の使い方は、自分の望む社会像に直結します

 

お金の使い方に気を払うことで、私たちは「自分もみんなも動植物も、生きとし生けるものすべてが幸せに暮らせる社会」へ近づいていくことができる

 

うちにポスターが貼ってあります

そこに書いてある文章をシェアします

 

+++

 

買い物投票ポスター

3月11日を機に私たちは

人の命が簡単に見捨てられてしまう

現実をこの目で見てきました。

 

さらには戦争ときたもんだ…

「私たちは気づき始めました」

命より子供たちの未来より

お金が優先される力が

この世に働いていることを。

 

こんな世の中おかしいよ!

 

戦争なんかだめだよ!

って声を上げている私たちなんだけど

そんな世の中を作り上げているのは

私たちも原因だったりするんだ。

 

何も知らずに便利や安さに飛びつき、

命よりお金を優先する人たちを

支えてきてしまったのも私たち。

 

買い物したそのお金が

戦争したり武器を作るところに

流れる企業がたくさんあるんだ。

 

買い物は投票。

 

未来を想って投票すると、

体を喜ぶものを選択することになる。

 

体が喜ぶものを選択すると、

未来のための投票になる。

 

一石二鳥なんだよ。

 

+++

 

講義が終わった後は、お待ちかねのかぁやんさんのお弁当

やったねー

 

毎回のお楽しみ〜

今日も美味しくいただきました

ごちそうさまでした

 

+++

 

金曜日のうさと展では、鈴木彩さんがランチを用意してくれました

すっごい美味しそう

僕も食べたいな〜

彩さん、今度また作ってちょうだい笑

 

彩さんは今秋から、豊川のコミュニティカフェで腕をふるいます〜

楽しみですね

紹介がわかったら、またお知らせしますね

 

うさと展、来られた方は今日もあれやこれやと試着して楽しんでられました

わかる人には、着た瞬間わかるうさとの服

着心地、肌触り、質、エネルギーの高さ…

今日も、ビビッとわかった人がいらっしゃいました

 

開催は明日までです

遊びに来てくださいね〜

 

+++

 

先日うちに来たルミオン

5日ほど経ちました

感想は…

最高ですね〜

ほんと、いい

 

白色の車って、夏涼しいですね

色によってこんなに違うんだなと実感します

そして排気量の違いで走りやすさが変わることも実感

サイズが大きくなると安定性が増すことも実感

 

静かに、快適に移動できて、ほんと幸せ

軽トラに乗っていた10年間が、この幸せを教えてくれました笑

 

車に関して今回思ったのは、一番のエコは

「大事に乗って、最後まで使い切ること」

だろうな、と思いました

 

昨日オートバックスに行って、いろいろ整備

タイヤ替えて、オートマオイル替えて、スマホホルダー付けて…

よし、これでひとまずセッティング完了!

 

ルミオンはすでに9歳

すでに中年?(笑

10年は乗りたいな

 

さて

今度の休みに、どこか遠くにドライブへ行こうっと!笑

2017.07.22 Saturday  
雑話 | comments(0) | -  

新しい中古車が来ました

先週と土曜日から昨日月曜日まで、磯貝先生の半断食合宿を開催しておりました

とても良かったのですが…

これは内容が濃いので、また後日あらためてご報告します

 

さて…

今日は濃厚な合宿明け、ということでのんびりしておりました

 

そして!

今日はおまちかね〜

納車日でもありました

 

「新しい中古車が来ました」

一見なんだかわかりにくい(笑

「中古車を買いました」という話です

 

我が家には

・万晴用  軽トラック

・由希子用 軽自動車(ワゴンR)

とそれぞれに車があります

 

どちらも年式の古い中古車、年齢は15歳以上です…

愛知県に来てすぐにこの2台を買いました

 

最近、僕がちょくちょくいろいろなところに呼んでいただけるようになりました

浜松、岡崎、豊橋…

僕は軽トラックをこよなく愛しておりますので、愛車の軽トラで何処へでも行っていたのですが…

 

先日の暑い日、エアコンをつけて走ってみたら…

60キロ出すのに一苦労

ワーワーとエンジンが唸って大騒ぎ

バイパスの流れにも乗れない始末…

 

軽トラックで1時間以上走っていると、めちゃくちゃ疲れることに気がついてきました(苦笑)

岡崎や浜松での講座からの帰りなんかは、あまりに疲れて気絶しそうになってしまいます

 

う〜ん、こりゃあ、もう無理だわ

いくら軽トラLOVEでも、限度がある

これは車を替えないと今後続けられないな…

 

という思いが募っていきました

で、どんな車にしようかなと街の車を見てみると…

軽トラって全然走ってないのね

「ああ! 軽トラって街乗りするものじゃないのか!」

やっと気がつきました(笑

 

で、車選びが始まりました

選び出すと、物欲がメラメラと湧き上がってきて、あれが欲しいこれが欲しい、となるものですね

BMWとか欲しいな〜、とか、用途を無視したワケワカンナイモードにまでなりましたよ

 

僕はいわゆるハイブリッドカーには、あまり興味がありません

作る工程、廃車の工程、バッテリー交換の必要性、乗車時の電磁波…

燃費だけはいいのかもしれないけど、総合的に見ると「全然エコではない」という意見です

ハイブリッドカー エコじゃない

 

乗ってて蓄電されていくのとか、スーッと音なく走るのは楽しいだろうなと思っています

なので、ハイブリッドカーを「電化製品を選ぶような楽しみ」で選ぶのであればアリかな、という気がします

 

一番候補にあったのはマツダのクリーンディーゼルのデミオ

↑こんな感じ(ネットで拾ってきた画像)

これにはかなり関心がありました

でも、実物を見てみると…

小さくて、荷物が乗らない感じ

僕らの用途に全然合わないので、やむなく却下となりました

 

で、まずはいろいろな車を見てみよう、と田原の大きな中古車屋さん(渥美モータース)に行って、何気なく眺めていると…

目に入ってくる車がありました

 

カローラルミオン

グレード:1.5G(1500cc)

年式:2008年

走行距離:19500キロ

備考:事故車(後方部分)

 

普通は手を出さないのかもしれないけど…

 

  • 事故はキレイに修復済み&後方部分で軽いもの←走りに影響が出ない(事故車扱いだと10万から20万安くなる→ものによってはお得)
  • 禁煙車で、嫌な匂いがない
  • 荷物スペースはガッツリある
  • 前オーナーは三重県だったようで、放射能汚染はなし
  • サビもないし、紫外線劣化もほとんどない(ガレージ保管だった?)
  • 車体の下回りもキレイ
  • タイヤは溝が減っているし、経年劣化でヒビが入っているから要交換
  • オートマオイルも替えた方がいいかもしれない
  • あとは、このまま十分使えそう

 

うん、これでいい

いや、これがいい

これにしよう

 

ほぼ即決

次の日試乗して、契約しちゃいました

それから待つこと10日間あまり…

今日が納車日!

 

今日は嬉しくて、渥美半島をぐるっとひとまわりドライブしてきました笑

 

軽自動車に比べて、普通車って頑丈に出来てますね〜

安全性が全く違うんだな、と実感しました

静かだし…

ちょっと踏むと、あっという間に60キロ行っちゃう

 

カローラ最高!

カローラLOVEです

自分にとっては、十分すぎる快適さ

ま、軽トラと比べてますからね

何がきたって、最高です〜

 

これで何処へでも、楽々行けます

うれしいなぁ

10年は乗りたいな

 

30代は軽トラックでした

40代はカローラになりました

50代は…ま、その時のご縁ですね

 

年甲斐もなく、「モノ」に喜ばせてもらえたワクワクの1日でありました

2017.07.18 Tuesday  
雑話 | comments(0) | -  

光と二本の巨木

最近はInstagramやFacebookばかりで、

すっかりブログはご無沙汰。

ブログではお知らせばかりになっています…

 

近況報告的なのはSNSで楽しく発信できるのですが、

ちょっとまとまったことを書こうと思うと…

やっぱりブログの方があっている気がします。

 

今日は久しぶりに、ブログを書いてみようかな、と思いました。

 

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

 

+++

 

今年の3月から4月にかけて、明星ライブラリーさんで開催された

石川理(いしかわおさむ)さんの小品展。

http://myoujou.dosugoi.net/e945401.html

 

理さんとのご縁は、かれこれ8年ぐらいになるかと思います。

 

理さんは地元の切り倒された木材や

間伐材を使ってログドラムを作っておられます。

 

「ログドラムをみんなでたたこう!」というWSがあって、

そのWS時の食事係として、由希子を呼んでもらったのがご縁の始まり。

今は亡き僕らの恩人、平野さんがつないでくださったご縁です。

 

その時以来懇意にしてくださり、

ミカンやら梅やらをいつもいただいてます。

 

そうそう、去年はミツバチの巣箱も持ってきてくださったなぁ。

巣箱が来た

 

理さんは、実はマクロビオティックを昔からご存知でして…

 

理さんが芸術家として、世界各地を巡っていた時…

インドにて体を壊した時がありました。

 

相当悪い状態まで行ったらしく、やばかったらしいのですが、

その時たまたま出会った田中愛子先生に助けられたそうです。

 

田中愛子先生はリマクッキングの顧問の先生

愛子先生のインタビュー記事

 

「僕はインドでやばかった時、愛子先生に助けてもらったんだよ」

とおっしゃる理さん。

すっごい縁だなぁ!

 

+++

 

明星ライブラリーさんの小品展

 

理さんはいつ会ってもとってもパワフル。

だから、理さんの作品も、やっぱりパワフル。


何十枚もあった絵の中から、

由希子が掘り出した一枚の絵がありました

 

「あ、これは…

 ダイニングに合うんじゃないの?」

 

ずっと探し求めていた、ダイニングの壁に掛ける作品。

やっと出会えたようです。

 

+++

 

額屋さんに持っていって額装をお願いすることにしました。

 

「この絵に合うのだと〜」

出していただいた額のサンプル。

 

「これ、いい感じですね」

お値段を聞いてみると…

おおっと! そんなにするの!?

はぁ、額って高いのねぇ…

知らなかったなぁ〜

 

どうしようか、と相談していると…

由希子が突然

「うちに古材があるんです。

 それを材料に作れますか?」

お店の方

「あ、できなくはないと思います」

 

ということで、古材を使って額装していただくことになりました。

 

+++

 

待つこと2ヶ月。

うんともすんとも連絡がないので…

催促の電話(笑)

 

届きました。

 

 

太陽

 

巨木

まっすぐ

 

二本

つがい

 

陰陽

 

+++

 

この絵がMEGURIYAに届くちょっと前に知った動画

太古の地球では、想像を絶する巨木がたくさん生えていた…?

私たちは、知らないことばかりですね。

 

絵のビジョンと、この世界観と、何かつながりを感じるのでした。

2017.06.27 Tuesday  
雑話 | comments(0) | -  

ソフトバンク→格安SIM に変更

今日の記事は「ザ・男の記事」らしい

由希子曰く「この話、全然面白くない」とのこと

そうなんだ〜笑

ま、書いちゃったので、アップしちゃいます〜

 

ーーー

 

最近、「格安SIM」に切り替えました

やってみて思ったことは

「もっと早くやっておけばよかった」

です

伝わった?笑

 

なので、簡単にですが体験をシェアしますね

 

ーーー

 

うちの携帯&スマホ状況は今までは以下の通り

 

夫婦揃ってソフトバンク

万晴 iphone6 月々8500円〜9500円ぐらい

由希子 ガラケー 月々2500円ぐらい

合計11000円〜12000円ぐらい

 

ーーー

 

上記状態からイオンモバイルに乗り換え

乗り換えにかかった、初期費用は…

端末をガラケー+iphone → iphone2台

にするのに、全部で10万円弱

 

以下は内訳の簡易説明

興味ある人は見てみてください

由希子にはネット(ムスビー)で中古のiphone6plusを買いました

イオンモバイルで使えるものはSIMフリーの端末か、docomoの端末

なので、docomoのiphoneを選びます

128ギガで45000円ぐらい 思ったより安い!

ソフトバンクから番号を移すMNP費用が3240円

イオンモバイルのSIMカードが、キャンペーン中で1円

(キャンペーンは4/10で終わり 通常時3240円)

 

僕はソフトバンクのiphone6を持っていたのですが、これはイオンモバイルでは使えません

なので、これは中古屋さん(ゲオ)で売却

4/20まで20%アップでの買い取りキャンペーン、高値で買ってもらえました

 

僕は速さが欲しかったのでApple StoreでSIMフリーのiphoneSEを買いました

(simフリーの端末は、どこの会社のSIMカードでも使える)

simフリーなら海外に行った時とか、現地のsimカードを買って使うことができる

海外行く時とかは便利かな、と思ってます

 

ソフトバンクの契約解除料10000円(ぼったくり苦笑)

その他の経費は由希子と同じ

 

で、これから2年間の費用シミュレーションをします

 

今までは夫婦で合計11000円〜12000円ぐらい

なので、10500円で計算してみます

 

イオンモバイルの契約は二人とも月々4ギガ契約 1706円

僕だけ通話5分間かけ放題918円をつけました

今後は通話料込みで、夫婦で月々5000円ぐらいになるかなと思っています

 

初期投資10万円を加えて、2年間の料金表にすると…

1年半で追いついて、そこから先は黒字になってます

端末はiphone2台とグレードアップしているにもかかわらず、2年後は32000円のお得

 

ーーー

 

というわけで

「格安SIM」にしてみましたよ

というお話でした笑

 

僕らはソフトバンクだったので、端末の買い替え、というビッグなハードルがありましたが…

docomoの人とかauの人は乗り換え、端末の買い替えがないので、ハードル低いですよ〜

docomoならdocomo回線の格安SIMの会社を選べばOK たくさんあります

auならau回線の格安SIMの会社を選ぶこと UQモバイルかmineo(マイネオ)かになるかな

 

追記

iphoneの場合、新しい機種(6s以降)だとSIMロック解除が出来ます

ソフトバンクの端末でもSIMロックを解除すれば、ドコモ回線で使えるはずです(多分)

新しい機種を持っている人は、「SIMロック解除」を調べてみてください

 

どの会社が良いかは、ちょこちょこっと調べればすぐわかります

「格安SIM 比較」で検索してみてください〜

 

端末のローンが残っている人は、乗り換えない方が良いこともあるみたい

あと、デザリングができなくなる場合もあるらしい(機種ごとの動作チェックを確認すること)

携帯メール(@docomo.co.jpとか)も失います

 

しっかり調べて悔いのないように選んでみてください〜

 

ーーー

 

昔、由希子が「スマホ欲しい」と言い出した時があって、その時は

「スマホは維持費がかなりかかるので、ipadを買うからこれを使ってちょうだい」

とipad(wifiのみ)を渡していました

 

このipad、これからは僕が使うことにしました

なので、今後は

 

万晴

macbook air

ipad mini

iphoneSE

 

由希子

iphone6plus


個人的にはiphoneSEとipadの組み合わせは最高に便利!

しっかりセッティングしたので、全部の連携抜群

事務処理スピードが格段に上がったのでした

やったね♪

 

全くもって、アップルの良いお客さんになってます苦笑

 

+++

 

追記

docomoとかauとかソフトバンクの料金がなぜ高いのか…

これは別にぼったくりなわけではないようです

 

大手キャリアは

通信網の整備、通信技術の開発、店舗及び店員の配置

等を行って、携帯電話の普及に努めてきました

大手キャリアのおかげで、今の通信網は作られてきたわけです

 

格安SIMがなぜ安いのか、というと、docomoやauが作ってきた回線を借りて営業しているからなんですね

格安SIMの会社は技術開発も、通信網を作らない…

そして、格安SIMの会社は、多くは店舗も持っていない

大手キャリアと比べるといろいろな部分でコストカットしているので、料金も安く提供できている、ということなんだそうです

 

通信するインフラを作っているのは大手キャリア

大手キャリアへの感謝も忘れちゃいかんなぁ、と思っています〜

 

++++

【スペシャルイベント】

4/13&15&28 MEGURIYA cinemo[ダムネーション&設楽ダムシェア]

5/4〜5/6 共感的コミュニケーション合宿

【各種クラス 2017年春夏講座】 募集開始
リマ・クッキングスクール東三河校 初級クラス
雑穀料理教室 満席(キャンセル待ち)
ベジスイーツクラス ファーストクラス 水曜日満席(日曜日残席あり)
ベジスイーツクラス セカンドクラス
暮らしの教室

・Instagram ID:meguriya_banseiyukiko

・Facebook ID:kbansei

2017.04.10 Monday  
雑話 | comments(0) | -  

| 1/22PAGES | >>