カタカムナ講座

念願叶ってカタカムナの講座、開催できることになりました

 

カタカムナは「潜象物理学」

物事の奥にある潜んだエネルギーを扱っています

 

昔のマクロビオティックの先生方は、カタカムナも勉強される方が多かったそうです

陰陽の視点と、親和性が高いんだろうなと推測しています

 

今回は、リマクッキングスクール初級主任の尾形先生が講座をしてくださいます

カタカムナ研究家楢崎皐月氏の後継者として、研究を引き継いだ宇野多美恵氏から学ばれています

直系の教えを聞く貴重な機会、オススメの講座です

 

+++

 

日程:6/22(木)
時間:10:00〜14:00(延長になるかも)
参加費:5000円(軽食付き)
場所:MEGURIYA 田原市若見町権亟地80
講師:尾形 妃樺怜先生
   リマクックングスクール初級主任

申し込み:口頭か下記まで
 電話:0531-45-3069
 メール:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

 

【カタカムナについて】
カタカムナは、古神道よりはるか以前(数万年〜10万年以前)にカタカムナ人(日本人の祖先)が生み出したものといわれています。
1949年に天才科学者・楢崎皐月によって発見され、解読が進められました。

解読が進むにつれ、その内容から、カタカムナ人が高い文明を築いていたことがわかってきます。


カタカムナ人は、感知した生命および森羅万象の発生と循環のしくみを48の音にし、さらにそれを表す図象文字を造り出し、カタカムナ文献を残しました。

カタカムナ文献とは、カタカムナ ウタヒ80首からなり、基本的には5音・7音の区切りで詠われています。

2017.05.24 Wednesday  
イベント | comments(0) | -  

コメント
コメントする