いつ植えるか

一番初めに教えてもらったこと
+++++++++++++++++++++++++
自然栽培で大切な点は2つ

1、いつ植えるか
2、何を植えるか

+++++++++++++++++++++++++
1、いつ植えるか
植える時期を間違えると、野菜が育たない

自然栽培は無農薬なので、防虫剤、殺虫剤などはもちろん使用しない
そのため、早すぎると虫にどんどん食べられて無くなってしまったり、
提供できないほど傷ついてしまう

また、無肥料なので、化学肥料や有機肥料を一切使わない
自然栽培では、純粋に光(太陽)・水(雨)・土(地球)のエネルギーで
野菜を育てる
そのため、遅すぎると光が足りなかったり、土の力が足りなかったりして
成長が止まってしまい、大きくなり切らない
それ以上畑においておいても、小さいままで、それ以上育たない

いつ植えるか、種をまくかは、それぞれの地域で大きく異なる
「愛知では大根はこの時期だけど、新潟ではこの時期」みたいな感じだ
場所が変わると、太陽、雨、土、全てのエネルギーが大きく変わるので、
当然同じではなくなる

また、同じ地域でも、畑が変わると同じだとは限らなくなる
やはり、土が違うからだ

そして最後に、年によっても違う
暖かい年もあれば寒い年もある
雨が多い年もあれば日照りが続く年もある
太陽エネルギーと雨のエネルギーが変わるので、やはり毎年若干変わるのだ

といった感じなので、その畑のその作物にピッタリあった
ちょうど良いタイミングを見極めるのは、なかなか大変だ

なので、実際は
 この地域は大体これくらい、という時期を3年ぐらいやって掴む
 大体これぐらいの時期だと判断したら
  1週間早く蒔き
  ちょうどよいだろうと思うときに蒔き
  1週間遅れてもう一度蒔く
 といったように、蒔く時期をずらす
といったようになる
2008.01.24 Thursday  
作業日記 | comments(1) | trackbacks(0)  

コメント
DVDありがとう!おもしろかったよ。
料理教室がんばってますか?
そらで料理がらみの企画もできるように、
しっかり勉強してきてね(笑)
ひじょーに期待&頼りにしてます!
コメントする