2018年度 ワクチンのお話会

暮らしの教室の第3回目「自然治癒力の高め方」の番外編、

「ワクチンのお話会」

2017年11月〜2018年5月までの半年間で

浜松、豊橋、豊川にて計10回行ってきました

 

2018年度も、まずは9月26日に開催が決まりました

以下、ご案内です

 

+++

 

日時:9/26(水) 10:00〜13:00

会場:「もりとうみ」 豊川市平尾町下藤井16‐1

参加費:3000円(資料&ランチ)

申し込み:もりとうみ店頭 もしくは MEGURIYAまで

 0531-45-3069 kbansei@kha.biglobe.ne.jp

※オーナーの愛子さんにもワクチン体験談をしていただきます

 

+++

 

生後2ヶ月から始まるワクチン。

推奨されている定期接種だけでも、真面目に打つと1歳までに10本以上打つことになります。

 

「病気予防のため」「愛する我が子を守るため」と

子供も親もつらい思いをして予防接種をしますが...

全部打つ必要があるのかどうか、一度再検討してみませんか?

 

打つ場合、何を何回打ったらいいんでしょうか?

全部必要なんでしょうか?

 

ワクチンの効果は?

ワクチンの持続性は?

ワクチンって何が入っているの?

適切なワクチンの受け方は?

 

このお話会ではワクチンに関していろいろな情報を提供します。

情報を得ると、ワクチンのメリットとデメリットがわかります。

 

お母さんのワクチンへの取り組みは、横のつながりも大切になってきます
なにごとも、一人で調べて、一人で判断して、一人で行動するのは大変ですから…

お話会を通して「想いを共有できる仲間とつながってもらえれば」そんな想いもあります


「ワクチンってどうなのかな?」って思っている方には、役立つ内容だと思っています

ご興味のある方は、ご参加いただければと思います

 

ワクチンのお話会 内容(予定)

ワクチンって?

    ワクチン接種のスケジュール

 

歴史的に見たワクチンの効果

    なぜ感染症が激減したのか

    ワクチンの効果は過大評価?

 

生ワクチンと不活化ワクチン

    ワクチンに入れられるもの、添加物

    血液脳関門のこと

 

ワクチンの副作用(短期、長期)

 

予防接種に対する考え方

    必要性の低いワクチンとその他のワクチン

    成長の節目としての病い

 

定期接種と任意接種

    ワクチンの受け方と断り方

 

自然治癒力を発揮して予防する

    免疫力の高め方

 

参考資料紹介

2018.06.24 Sunday  
暮らしの教室 | comments(0) | -  

コメント
コメントする