どんな最期を迎えたい?

なんか重たい題名になっちゃいましたが💦

気楽に書いてます

 

ちょっと前ですが…

こんな動画を見つけました

 

 

近藤誠医師との合同公演会なのかな

萬田緑平さんは群馬県前橋市で緩和ケアの診療所をされているお医者さん

緩和ケア 萬田診療所 http://www.kanwamanda.com

 

50分ちょっとあるので、ちょっと長いのですが…

是非ご覧になっていただきたい動画

 

引き込まれますので、退屈する等の苦痛はまずないと思います

あっという間に終わります

 

+++

 

どういう最期を迎えたいのか

家族…

そして、自分…

 

人間、必ず死にますよね

わかっているようで、忘れていること

いつかは死ぬって知ってはいるけど…

その日が来るとは、本当のところは思っていなかったりします

でも、確実にやって来ます

 

僕は両祖父母、両親ともに亡くしておりますので…

「人が死ぬ」ということは、歳の割には実感があります

でも、まあ、普段はやっぱり忘れてますね😅

 

+++

 

「死を想う」ということを、ネガティブなことだと僕は思っていません

「死と生」は「表と裏」、一つです

私たちは、常に生きながら死につつあります

 

「旅立ちと誕生」も表と裏、「あの世とこの世を行ったり来たり」、です

死を想う=生を想う

よりよく死にたい=よりよく生きたい

直結すると思っています

 

あの世に行く直前の「死に際の状態」って大事です

「楽しい&充実した人生だった」と思ってあちらに行くのか

「つまらない&なんの挑戦のない人生だった」と思ってあちらに行くのか

あちらでどんな状態になるのか、死に際のバイブレーションで決まります

 

生きているうちに天国にいくこと

元気に寿命を生き切ること

僕のモットーです

 

+++

 

現代日本は、医療介入が盛ん

それこそ揺り籠から墓場まで付いて回ります

 

自分、そして家族は、どこまで医療に介入して欲しいのか

元気なうちに決めておきたいテーマです

気分よくあちらに旅立つこと、旅立たせてあげること、本当に大事です

 

動画を見て、ご自身の想いを感じてみて下さい

2018.10.12 Friday  
雑話 | comments(0) | -  

コメント
コメントする