在宅緩和ケア〜穏やかで、めでたい最期の迎え方〜

『なんとめでたいご臨終』

日本在宅ホスピス協会会長 小笠原文雄さんの著書

 

『穏やかな死に医療はいらない』

在宅緩和ケア医 萬田緑平さんの著書

 

+++

「在宅緩和ケア」に関しての書籍

 

我が家で(在宅)

苦痛を緩和しながら(緩和)

看護&介護する(ケア)

 

僕は両親ともに亡くした経験があるので…

書いてあること、実感を持って理解できました

涙涙です😭

 

「死」は病の延長線上ではありますが、自然なプロセスでもあります

その自然なプロセスを邪魔しなければ…

多くの人は余命宣告よりも延命し、最期まで心安らかで、穏やかに死んでいけるのだそう

 

人生最期のビッグイベントをどう迎えるか

自宅で苦痛の緩和をしつつ、死のプロセスをスムーズに経過させるのか

医療機関で最期まで治療をやり尽くし、死のプロセスに抵抗し続けるのか

この選択は、患者本人にも、看病する家族にも、決定的な違いを生む気がします

 

在宅緩和ケアをしたい人には勇気づけられる情報満載です

 

ほんとうに大切なことが、てんこもりで書いてある本

おすすめしたい気持ちでいっぱいなので、シェア!

 

どちらの書籍からも「はじめに」から引用してご紹介

++

『なんとめでたいご臨終』

 

現在75%の人が病院で死を迎えています。

しかし実際は、介護保険制度ができたことや在宅医療の質の向上によって、一人暮らしの末期がん患者さんでも「最期まで家にいたい」という願いは叶います。

好きな処を選べるのです。

 

痛みや不安がなく、朗らかに過ごしたい。

そして、清らかに旅立ち、笑顔で見送ってほしい。

それは誰もが願う、人生のめでたい最期ではないでしょうか。

 

人は一度しか死ねません。

 

「一人暮らしだから」「家族に迷惑がかかるから」と諦めている患者さんや、「介護ができない」と悩むご家族、在宅医療をまだ知らない方も、人生の選択肢を一つ増やすと思って、最後まで読んでいただければ幸いです。

 

++

『穏やかな死に医療はいらない』

 

穏やかな死に医療はいりません。

そして、穏やかな死を迎える場所として、自宅ほどふさわしい場所はありません。

 

病院は病気との戦いの場です。

今の日本において、病院で穏やかに死ぬことはかないません。

 

「お医者さんに任せていれば間違いない」

「こんなに苦しい状態で退院して自宅に戻ったら、もっとつらくなるのではないか」

「一人暮らしだから自宅で死ぬなんてあり得ない」

「家で死んだら家族に迷惑をかけるのではないか」

 

全部間違いです。

 

医師や病院に任せきりにしている限り、自分らしい最期を迎えることはできません。

そして、自分らしく死にたいと思ったら、病院を出て自宅に帰るのが一番です。

 

家族がいなくても大丈夫。

僕は自宅で穏やかな死を迎えた一人暮らしのお年寄りをたくさん知っています。

 

家族に迷惑をかけるのでは? という心配もいりません。

毎日病院に通わなくてもいいので入院していた頃よりも介護の負担が少なくなった、気持ちもずいぶん楽になった、とおっしゃるご家族がほとんどです。

 

在宅緩和ケア医に転身して五年。

この本では病院医療と在宅ケアの両方を見てきた僕だからこそ書ける終末期と死の現場についてお伝えしたいと思います。

2018.12.31 Monday  
雑話 | comments(0) | -  

コメント
コメントする