マクロビオティックって?

マクロビオティックってなんでしょう?

一言でいうと「食をとおして健康に、楽しい人生を実現させましょう!
というものです。
マクロビオティックでは毎日の食べものを大事に考えます。
楽しい人生のためには、心身の健康が大事! 
その健康な心と体を作るのが食べ物だからです。
コンビニ弁当ばかり食べていると、心も体もそのようになりますし、
自然なお野菜やごはんを食べていれば、心も体も自然体になっていきます。

マクロビオティックには3つの考え方があります。

まずひとつは「陰陽調和(いんようちょうわ)」。
食べ物には体を冷やす陰性な物、体を温める陽性なものがあります。
暑い夏にはカキ氷がおいしいし、寒い冬には味噌煮込みうどんが
食べたくなりますよね。
季節や体調によって食べ物を選ぼう! ということです。

そしてふたつ目は「身土不二(しんどふじ)」。
できるだけ、自分の住んでいる場所の近くで穫れたものを食べよう!
ということです。
食卓に季節感がでて、地産地消にもつながります。
食べ物が私たちの体を環境にあうように整えてくれます。

そして最後は「一物全体(いちぶつぜんたい)」。
食べ物はできるだけ、皮ごと丸ごといただきましょう、ということです。
皮にはビタミンやミネラルが豊富に含まれています。
(もちろん、できるだけ無農薬のものを選んでくださいね。)
また、栄養素と同時に「いのちをいただく」ことを大事に考えます。
糠(皮)を取り除いた白米は、土にまいても腐ってしまいます。
でも玄米を土にまけば芽がでてあらたな種を実らせます。
私たちの命を養うため、この生命力をまるごといただきます。

マクロビオティック料理の主食は玄米ご飯。
圧力鍋を使って炊いた玄米は、もっちりやわらかく甘くて、おいしい!
食べると体が喜ぶ感じがするんです。
玄米は固くて苦手…という方もきっと目からウロコ。
ぜひチャレンジしてみてください。
2009.01.01 Thursday  
マクロビ料理教室 | comments(2) | trackbacks(0)  

コメント
定年退職4年、有機農業に取り組んできました。現在田原市内のJA産直3店、食彩栽村に出荷しています。豊橋有機農業の会にも加えていただいて、出荷させていただきたいと思っています。
  • 岩 渕  剛
  • 2010/03/30 11:37 AM
豊橋有機農業の会に参加のご希望でしたら
会長の松沢さんに連絡されるとよいかと思います
お問い合わせ下さい

松沢さんの福津農園
0536−26−0683
  • ばんせい
  • 2010/03/31 10:34 PM
コメントする