米作り 種籾まき

いよいよ発芽した籾を播く時が来た
籾から芽が出始めたら、播く時に伸びた芽が傷ついてしまう
可能性が高くなってくるので、速やかに播く

以下、手順

米1
パレットをきれいに洗って、穴一つひとつがきちんと
開いている状態にする
苗の根が下まできちんと伸びることが出来るようにするため

米2
パレットに新聞紙を敷き、用意した土を詰めていく

米4
詰めた土を、道具を使ってキレイにならす
米を蒔いた上から土をふるってパレットの高さちょうどの高さになるように、
ギリギリではなく、少し少なめになるようにならす

米3
道具のアップ
竹を切って作ったお手製、簡単なものです

米5
ならしたものを並べていく
この際、下の地面とパレットがピッタリと合うように気を配る
米が育ってくると、パレットの下から根が出る
ピッタリ合っていないと、根の伸び具合にばらつきが出てしまう
置いた後、これでもかというぐらいたっぷり水をかける

米6
種籾を播く
均等になるように、パレット一枚一枚、ていねいに手で播いていく
細かな作業

米7
播き終わったら、土をふるってかぶせる
土の量は米の厚さぐらいの厚み
この作業の時、なんかティラミスを思い出しました…

米8
土をふるったら、軽く水をかけ、新聞紙をかけて、
その上にシートをかける
これにて終了

全部で80枚やりました
あとはじっと待ちます
2008.04.02 Wednesday  
作業日記 | comments(2) | trackbacks(0)  

コメント
ティラミス・・・ほんとだね。
  • 2008/05/03 11:32 AM
楽しみに見ています。家族が食べる野菜は無農薬,無肥料で作りたいのです。勉強になります。
  • まみ
  • 2008/05/29 1:47 PM
コメントする