11/6,7 榎本合歓さん器展 & two days cafe


IMG_5692.jpg
10月中旬に決まった合歓さんの器展。
有志の方に声をかけて、カフェも同時開催、の運びとなりました。

合歓さんの器!
DSC_4971.jpg
前回は合歓さんご自身が次の場所(東京)での開催等のことも考えての展示でしたが、今回は由希子が器を展示するのをお手伝い。
由希子は、この後の東京での展示のことなんて考えていません。
ガサゴソと探しては「あ、これいい」と勝手にばんばん展示してしまいました。

というわけで、由希子の暴走もあって、今回はたくさんの器が並びました。
(合歓さんに「そんなに出しちゃいかん」と言われたそうな笑)

DSC_4979.jpg
合歓さんの器は、もっともよく使う塩壺と茶碗から揃えていくのがオススメ

IMG_5695.jpg
汁椀と湯のみです

DSC_4975.jpg
これも湯のみかな
手前のはビールにも良さそう

DSC_4976.jpg
お皿、小鉢

DSC_4978.jpg
このお皿、かっこいいな〜

今回、告知が十分にできなかったこともあり、来場者数は少なかったのですが、来られた方は家族分ひと揃えされる方が、結構いました。
塩壺、茶碗、汁椀、湯のみ…

合歓さんの器は丈夫で、ガンガン使えます。
そして使うほどに馴染んできて、愛着が湧いてくる。

 合歓さんご自身で用意した自然な土と釉薬で、
 合歓さんが作陶して、
 合歓さんがチェーンソーと斧で割った黒松を薪に、
 合歓さん手作りの特別な窯で、
 合歓さんが三日三晩焼いてできた器
最初から最後まで、合歓さんの手作り!
この世に同じものが一つとない、たった一つの器です。

土も釉薬も燃料も、体へ悪影響のあるものは一切使っていない、いうなればオーガニックの器。
知れば知るほど、究極の器だなと思います。

合歓さんは家もセルフビルド、車もセルフメンテナンス、と低支出、低負荷の暮らし。
311以後、エネルギー問題や環境問題を意識して、自給的低負荷の暮らしをする人々が増えていますが、そんな暮らしを何十年も前から高いレベルで実践している合歓さん。

手作り手仕事の、自然に寄り添った本質的な暮らしは、今の時代の最先端の生き方であり、普遍的な生き方なんだと思います。

カフェのレポート。
DSC_4968.jpg
みんなでワイワイ、相談しながら楽しく仕上げました〜
DSC_4986.jpg
初日のメニューです。

DSC_4984.jpg
玄米ご飯
秋野菜のお味噌汁
たかきび団子の甘酢あん
小松菜ロール
柿とカブのマリネサラダ
里芋のとも和え

美味しかったですよ〜

2日目の様子です。
DSC_4988.jpg
2日目はビビンバ!
DSC_4990.jpg
僕はこのビビンバがやっぱり好きで、パクパク食べました。

今回、有志主催のカフェは初めての試み。
どのお料理も綺麗に、美味しく仕上がっていました。
また、機会を作って開催できたらと思います。
レッツチャレンジ!

今回、僕らが購入した器は…
IMG_5722.jpg
買っちゃいました。
かっこいいな〜と思った器は夫婦揃って一目惚れだったようです(笑)

もう一つ…
IMG_5728.jpg
「コーヒーこれに入れて飲みたいな〜」と、飲んでいる姿を想像してしまったら、もう買うしかありません!

気に入った器と出会えることは、幸せなことですね。

合歓さん、有志の方々、2日間おつかれさまでした。
ご来場くださった方々もありがとうございました。

また、開催できる日をお楽しみに!
2015.11.11 Wednesday  
雑話 | comments(0) | -  

コメント
コメントする