半断食日記 二日目

半断食二日目時のフェイスブックへの投稿です

+++++++

半断食二日目
昨日は11時ぐらいに寝たんだけど、3時ごろ目がさめる
断食中は消化にエネルギーを使わないし、老廃物も出ないので、睡眠が短くて済む
頭が痒く、肩が張り、なんとなくイライラする
断食中の典型的な症状
いい感じに進んでいる
不快だけど笑

やることないので本を読んでいたら、いつのまにやらまた寝てた

朝、気持ちが悪く少し吐き気がする
由希子は低血糖で動けんらしい

うん、ちょっと一気にやりすぎちゃったね
反応が少し大きすぎるので少し食べることに

切り干し大根入りオートミール粥
昆布の佃煮3枚

オートミールはゲルソン療法でも使うぐらい、体への負担が少ない穀物
切り干し大根とかの食物繊維を一緒に摂ると、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれる

半断食中は、こういう固形物は100回以上噛んでいただく
消化の負担をできるだけ抑えるため
そして、噛むと顎の筋肉やら何やらと頭の筋肉が動くので、頭の血流がよくなる
脳のデトックスにつながる気がする

塩抜きも少し緩めることに
佃煮や、漬物等を使うと効率よく塩分が取れます

よく噛んで食べると、もういらないな、というタイミングが来るので、そうしたらそこでストップ!
食べ過ぎ注意
身体の声に従う

今朝は半分量ぐらいでストップサインが来たので、残りはまた昼以降にいただきます
食べて20分ぐらい経ちました
血糖値が上がってきて楽になりました
食べ物って本当にありがたいね

+++++++

ウォーキングに行きました

食事の量を減らすと代謝が落ちる=体温も下がるので、寒くなります
普段よりもあったかい格好で

今日はいっぱいサーファーがいました
三重、岐阜等遠くからも…
寒いだろうに…
好きなんだなぁ

デトックス中は運動が大切
断食初期は、エネルギーを得るために筋肉も使うので、静かにしていると筋肉が落ちる
運動して血流を良くすることもデトックス効果を上げる
ウォーキングとか最適です

まあ、でも実際は「〜のために歩く」というよりかは「気持ちいいから歩く」という感じ
歩くことそのものを楽しむ感じです

断食中のコツの一つは「与えられていることに気づくこと」
何かを得るために断食するのもいいけど、僕はそう思っています
食べ物のありがたさ
歩けることの喜び
呼吸の気持ちよさ
いろいろあるけど、断食はそういう普段忘れていることを思い出させてくれます

+++++++

朝の残りを昼頃いただきました

やっぱり、食べると食べたくなるね笑
良く噛んで、味わって、ゆっくりと…
贅沢な時間です

断食中のコツ、第二弾
食べ物のことを見ない、聞かない、言わないこと
考えることもしない方がいい

終わったらあれ食べよう、とか、あれ食べたいなーとか思っていると、体はそれを消化する方向で動き始めてしまう
空想でも、体は反応します
だから腹が減る

あと、潜在意識に入り込むので、断食明けに過剰に欲しくなり、食べずにはいられなくなります

食べ物への関心から少し距離を置くこと

食べ物のことを考え始めたり、何か食べたくなったら、「あ、あれ食べたいんだな、自分」と認めて、受け入れること
そして、それをそっと受け流すこと笑
これは大事なコツだと思いますー

+++++++

3時ごろ甘酒を飲みました

食べ物によるエネルギーの摂取を止めると、体は溜め込んだエネルギーを使うようにエネルギー回路を切り替えていきます
その際に、いろいろと反応が起こる

代表的なのは、だるい、眠い、寒い

簡単に考えると、エネルギー不足(低血糖)状態になっているサイン
初日と二日目に一番症状が出ます
3日目、4日目になると、身体はエネルギー産生の回路が切り替わって脂肪を燃やしだし、楽になってくる、という流れがあります

二日目は一番の山場
身体の声を聞きながら、適度にエネルギー補給をします
あんまり辛いとやんなっちゃうし、回復食で暴走するからね

今回は甘酒
少量の甘酒を温めていただきました
身体に沁み渡る美味しさ
すぐに体が動くようになります

なんでもそうだけど、断食も「過ぎ」に注意
やり過ぎ注意
ゆる過ぎ注意
白黒はっきりさせ過ぎ注意
やるかやらないか、ではなく、どう進めるか…
善か悪か、ではなく、今適切なのは何か…

「食べない」に執着すると、後でおかしなことになります
だからって食べ過ぎたら、元も子もないんだけど(笑)

その都度身体の声を聞きながら、その都度調整をしながら進めること
頭で考えて、自分をそれに強制的に当てはめると…
あとでドカンと反動が来るだけ
身体には、頭の理屈は通じません

ていねいに声を聞きながら、進めていきます

追記
葛は本葛粉を使う
梅干しは梅と塩とシソだけのもの できれば自家製
甘酒は麹と米だけでできたもの できれば自家製
食べ物の種類も大事だけど、もっと大事なのは食べ物の質
添加物、農薬等が入っているものは、断食中は特に控えたい

+++++++

そういえば、昼食後に味噌汁を飲みました

味噌汁と言っても、味噌に番茶を注いだだけです

断食中に飲む飲み物、もちろんノンカフェのお茶とか白湯とかでいいだけど、工夫しようと思ったらいろいろあります
タイプに分けるとしたら、
甘い系・しょっぱい系
体を緩める系・引き締める系
冷やす系・温める系

例えば
味噌汁:しょっぱい系 引き締める系 温める系
りんごジュース:甘い系、緩める系、冷やす系
みたいな感じ

マクロビオティック的に言えば
陰性症状には陽性な飲み物
陽性症状には陰性な飲み物
となります

その時の体調にあった飲み物を摂ると、体のバランスを取ってくれ、身体の不快感がすっと引きます
断食中に何を飲むかは、快適に過ごそうと思ったら結構大事
では、何を飲めばいいのか…

頭で考えるよりも、身体に聞くほうが確実
美味しそうに見えるもの
美味しそうな匂いに感じるもの
飲んでみて美味しいもの
これが、今の自分の身体に合うもの

僕は味噌汁が飲みたいな〜となったので、味噌汁を頂きました
身体に合う飲み物は、染み入る美味しさ
じわ〜っと力が湧いてきます

あくまでもその時の自分に合ったのが味噌汁であって、3時間後は分かりません
3時間後に合う飲み物は、りんごジュースかもしれない
あれこれ考えずに、その時身体に聞けばいい
慣れると簡単、そして正確です

身体は、本当によくできていますね
「身体の声に敏感になること」
「身体の声を取り戻すこと」
これも半断食の目的の一つ

それにしても…
断食って本当に暇!(笑)
1日の長いことと言ったら…
フェイスブックはいい暇つぶしになります〜
2016.01.31 Sunday  
集中プログラム | comments(0) | -  

コメント
コメントする