リマ 春夏講座始まりました。

由希子です。

畑でエンドウが鈴なり、今年も収穫に追われるシーズンになりました。
エンドウの収穫はとにかく無心になるので、座って瞑想するより瞑想っぽい時間。
私はこの時間が好きなのですが、万晴さんはまったくダメ(笑)
よからぬ事をアレコレ考えるそうな。人それぞれですね〜。

新しいお野菜のシーズンが始まるとワクワクしますね〜
絹さやのシーズンだよ!とか、ソラマメきたー矢印上とか
けっこうシアワセき
自然なお野菜はそのシーズンにしか出会えないから
織り姫と彦星の一年ぶりの逢瀬のように
煮て焼いて揚げて蒸して炒めて炊き込んで楽しんでハート
そろそろ倦怠期かしら、と思う頃新しいお野菜がやって来る…。

エンドウのシーズンは新しいクラスが始まるシーズンでもあります。
今期はリマになって初めての中級クラスからスタートしました。
 

玄米ごはん塩2種(塩あり・塩なし)
ごま塩(7:3)
春の味噌汁
板麩のチンジャオロース
蒸し煮リンゴの葛ソース

お手当て始めは
3年番茶と塩番茶

今回のテーマは塩でした。
人の体は60パーセントが水分。
その水分は1パーセント濃度の塩水、古代の海と同じ濃度とミネラルバランスです。
動物は海から陸にあがる進化の際、体の中に海を持ってきました。
だからお塩はとても大事。
ミネラルを含んだ良い塩を、自分が美味しいと思える適量を取ることが
毎日元気に過ごすコツです。

そして、つぎは初級クラス

土鍋だき玄米ごはん
ネギとわかめとお揚げの味噌汁
大豆ミートの唐揚げ キャベツサラダ添え
フルーツかん

講義は「マクロビオティックとは何か」
自然の法則に沿って生きる生活法がマクロビオティックです。

昔なら自然に生きるって当たり前のことだったけど、
現代のように文明が発達すると、自然でいるにも考え方のコツがいりますね。
これからの講座でお伝えしていこうと思ってます。

今回通って下さる皆さんのお話を聞いて思うことは、
食べ物が健康だけでなく、生き方につながっていると感じている方が多いこと。
生き方の変化を求めている
そんな気がしました。

お料理教室を始めた8年前、初級クラスを始めた5年前には
そんな風に思うことは無かったので
時代が変わって来ているのを感じます。

これから半年、
どんなことが起こるか
どんな変化が訪れるのか
楽しみでワクワクしています。
 
2016.04.13 Wednesday  
マクロビ料理教室 | comments(0) | -  

コメント
コメントする