9/23 田中佳医師講演会【テーマ:ガン】@アイプラザ豊橋

昨年の10月、ご縁をいただいて田中先生の講演を聞く機会がありました
その時の講演がとっても良くて「皆さんに聞いてほしいな」と…
その後、11月にも豊橋にて講演があると聞き、再度聴講
この時もやっぱり良くて「本当に皆さんに聞いてほしいな」と…

 

そして今年の3月、田中先生をお招きして、玄気さんとMEGURIYAの共催で講演会を開催

ワクチンに関してのお話をしていただきました

 

講演会後、アンケートを頂きましたのでご紹介

・講演テーマ(ワクチン)について
大変役立った39(89%) 役立った(11%) 普通0 役立たなかった0
・説明に関して
わかりやすかった44(100%) 普通0 わかりにくかった0

ワハハと楽しく学んでいるうちに、あっという間の2時間弱

すこぶる好評だった講演会、その時の模様はこちら

 

今秋に、また豊橋にて講演をしていただきます!

今回のテーマは「ガン」です

以下ご案内です

+++++

 

【ガンと言われた時に ガンと言われる前に】


ガンの人が増えているけど、なんでだろう?

検診でガンが見つかったら、どうしたら良い?

ガンの治療法って、何がいいんだろう?

ガンにならないための暮らし方は?

今や二人に一人がかかると言われているガン。

国民病とも言えるほど急増、そして20代、30代と若い人にも増えてきています。

 

自分にガンが見つかったとき、どうしますか?

家族にガンが見つかったとき、どうしますか?

 

何も知らずにガンが見つかると、驚き、慌て、不安になります。

そして、医療機関にお任せすることになります。

手術をする、放射線をあてる、抗がん剤を投与する…

どの治療法もQOL(生活の質)がさがります。

本当にそれでいいのでしょうか?

それが最善の治療方法なのでしょうか?

 

ガンが見つかる前にガンについて知っておくこと、とても大切です。

 

医療に関わるときは、突然やってきます…

病気と向き合う機会が訪れる前に「医療について、健康について」の学びを深めておくことは大切です。

「医療について、健康について」の知識は、必ず役に立ちます。

 

医療はシリアスなテーマになりがちですが、田中先生の講演会はとてもわかりやすく、楽しく、笑えます。

どなたが聞いてもためになると思います。

 

お勧めの講演会。

ぜひ、大切な方と一緒に足をお運びください。


日時
9月23日 金曜日 9:30から11:30

場所
アイプラザ豊橋 小ホール 豊橋市草間町字東山143−6

参加費
前売り券2000円 当日券2500円

※チケットはチケット取扱店で直接購入するか、予約をお願いします

・チケット取扱店:MEGURIYAVEGECAFE LOTUSgardenかぁやん商店

・予約の流れ:電話orメールで予約→振り込み→チケット発送


予約&問い合わせ
MEGURIYA(担当 加藤万晴)田原市若見町権亟地80
tel&fax:0531-45-3069 E-mail:kbansei@kha.biglobe.ne.jp

※予約の際は「お名前」「連絡先」「枚数」「チケット発送先」をお伝えください

※振込先

※予約後1週間以内にお振込ください(お振込がない場合はキャンセル扱いとなります)

※お願い
駐車場に限りがあります
乗り合わせてきていただいたり、公共の交通機関でご来場いただけると助かります!
ご協力の程、よろしくお願いいたします

 

※講演会終了後、懇親会を行います

時間:講演会後12:00〜14:00

場所:garden(開場すぐ近く)

定員:26名

参加費:1800円

参加希望の方は、メールか電話にてご予約ください

限定26名ですので、ご希望の方はお早めに


田中先生のホームページにある「ご挨拶」を紹介
+++++
わたしは昭和60年に東海大学医学部を卒業してから脳神経外科医として働いてきました。
学位を悪性脳腫瘍の研究で取得しましたが、分かったことは「太刀打ちできない」という結論でした。

日常の脳外科の仕事の中心は救命救急で、救命の文字通り「命を救う」が中心でした。
医学における救命とは、単に心臓が動いていることを指します。
普通に考えれば当たり前ですが、脳の手術をすればQOL(Quality Of Life ; 生活の質)が低下するのは必至です。

ずっと患者さんを治そうと頑張ってきましたが、医学ではできることに限りがある。
何とかしたいのに、何ともならない医療に、だんだんと疑問を持つようになりました。
なんかおかしい。
こんなはずではない。

健康を考えて、本質を追究した結果、医療は病気への対処だけであって、健康になる手段が存在しなかったことに、医療を行いながら気づいてしまいました。
健康の本質は医療に存在しない。
ショックでした。
医者が「治療」という言葉を使うから治ると思い込んでしまうのですが、「対処」という言葉に置き換えると妙に腑に落ちます。
すると、殆どの病気は根本的に治せないことが分かるでしょう。
故に、ただ病院に通い続けても健康になることはできないのです。

医療の力を一時的に借り、その間に自己治癒力を高めて健康へ戻ろうとすることが、より良い医療との関係性となるのです。
医療に出番がないと分かれば、頼る必要はありません。
 
健康の基本は日々の生活にあります。病気から健康への方向転換をしなければなりません。
その方法が生活改善です。生活改善を行った上で、あらゆる医療を取り入れて、少しでも早く健康へ戻る力を助けましょう。
*ここで言う医療とは、現代医療+代替医療を指します。
+++++

田中佳(たなか よしみ)
医学博士・脳神経外科専門医
東海大学医学部を卒業後、同大学付属病院脳神経外科助手を経て市中病院にて急性期医療に長年携わる。大学在任中に悪性脳腫瘍に関する研究にと医学博士を取得。日本脳神経外科学会認定専門医・日本抗加齢医学会認定専門医。その後、直傳靈氣療法師(じきでんれいきりょうほうし)、整膚師(せいふし)を経て、ホメオパシーの学校に通っている(2018年3月卒業予定)。現在は予防医療と保険診療を行いつつ、全国で健康になるための方法を伝える講演活動に取り組んでいる。

著書

『-発想の転換で元気に長生き-健康自立力』

『-後悔しない治療の受け方-続・健康自立力』

『健康の原点は食と腸にある!』


その他

映画『蘇生』(監督:白鳥哲)に出演

HP
http://midbrain1701.wix.com/capybara

2016.07.10 Sunday  
お知らせ | comments(0) | -  

コメント
コメントする